ライフ・イベント

馬見丘陵公園 駐車場の混雑とランチ情報 水遊びが子どもに大人気!

花菖蒲

馬見丘陵公園(うまみきゅうりょうこうえん)とは、奈良県の北葛城郡広陵町から河合町にかけて広がる馬見丘陵内にある都市公園です。

とっても広くて大きく、ウォーキングコースでもある「緑道エリア」を含めると4つのエリアに分かれています。

どのエリアも自然豊かで、季節によっていろんな表情をみることができますよ。

「馬見丘陵公園を端から端まで歩いてみよう!」と思うと、ほとんど1日かかってしまうくらいに大きな公園です。

いろんなお花が咲いていたり、子供が楽しめるアスレチックがあったり、公園の中に古墳があったりと、飽きることなくまわることができます。

そんな馬見丘陵公園の混雑状況や飲食、実際に馬見丘陵公園に行って感じたおすすめポイントをお伝えします!

馬見丘陵公園駐車場の混雑状況は?無料?

馬見丘陵公園へは車で行きましたが、平日・休日どちらもスムーズに車を停めることができました。

4つの駐車場(872台分)があってスペースにも余裕があり、大型連休中などは臨時駐車場も設置されるので、車を停められないことはまずないと思われます。

北エリア

  • 北駐車場:290台(障がい者用駐車スペースあり)
  • 北臨時駐車場:60台

中央エリア

  • 中央駐車場:204台(障がい者用駐車スペース、大型車スペースあり)
  • 東駐車場:79台(障がい者用駐車スペースあり)
  • 中央臨時駐車場:143台

南エリア

  • 南駐車場:44台(障がい者用駐車スペースあり)
  • 南臨時駐車場:52台

引用:公園の利用案内|奈良県公式ホームページ

駐車場の場所は、奈良県公式ホームページから馬見丘陵公園のリーフレット(PDF)をダウンロードしていただくとくわしく載っています↓

馬見丘陵公園園内マップ

馬見丘陵公園のとっても嬉しいポイントは、平日、休日関係なく駐車料金が無料なこと!

公園自体の入園料は無料でも駐車場は有料・・・という公園も多いですが、馬見丘陵公園は公園の入園料も駐車場の利用料も、どちらも無料なのが嬉しいですね!

馬見丘陵公園の時間と駐車場の時間は?

 馬見丘陵公園自体はいつでも入ることができますが、駐車場には開場・閉場時間があります。

開場は8時00分で、閉場が通常期は18時00分、6月~8月は19時00分、11月~2月は17時00となっています。

時間を過ぎてしまうと車が出せなくなってしまうので、ご注意くださいね!

馬見丘陵公園はとても広い公園なので、駐車場から離れたところにいると、イザ帰ろうと思っても駐車場にたどりつくまでに結構な時間がかかってしまいます。

閉場時間が迫っていたにもかかわらず駐車場から離れたところにいたので、あわてて急ぎ足で駐車場まで戻ったことがありました・・・

大人はともかく、小さい子どもやお年寄りだとなかなか早く歩けませんよね。

閉場時間にはじゅうぶん注意していただき、余裕を持って駐車場に戻るようにしてくださいね。

馬見丘陵公園でのランチとカフェ情報

北エリアの北駐車場前に、パスタとパンケーキが美味しいお店「cafe.+f(カフェプリュスエフ)」があります。

とってもおしゃれなカフェで、日替わりのイタリアンプレートやパスタ、カレーなどお食事メニューも豊富、休憩タイムなら「ふわとろパンケーキ」やジェラートも美味しいですよ!

お店のホームページにメニューが載っています。

cafe.+f(カフェプリュスエフ)

TEL: 0745-56-6025

http://plusf.syncronicity.co.jp/

私が行った休日には、入口のところに5件ほど屋台も出ていました。

お弁当が食べられるようなスペースもありますし、芝生があるところでお弁当を食べている人もいましたので、持ち込みをしてピクニック気分を味わうのもおすすめです。

※中央エリアの公園館内は飲食禁止です。公園内も人の通行の妨げになるようなところでの飲食は避けて、ゴミは各自でお持ち帰りくださいね。(園内にゴミ箱はありません。)

私は奈良名物の「柿の葉寿司」を買っていってランチに食べました。

普通に食べても美味しい柿の葉寿司ですが、自然に囲まれて食べる柿の葉寿司はさらに絶品でしたよ!

馬見丘陵公園の混雑状況

馬見丘陵公園に平日と休日の両方行ったことがありますが、どちらにいっても目立った混雑はなく快適に過ごせます。

遊具も多いですし広場もスペース十分なので、ゴールデンウィークの真っ最中でも人混みを気にしないでのんびり子どもを遊ばせることができますよ!

平日はランニングやウォーキングをしている人が多いかな?という印象。

休日はファミリーやカップルもたくさんいますが、それでも「混みすぎていて落ち着かない」なんてことはなく、ゆったりと園内を楽しむことができます。

公園の休園日というのはありませんが、公園館は月曜日(祝日の場合は次の平日)と年末年始(12月28日~1月4日)が休館日になっています。

台風の接近など気象の関係で急に閉園になることもありますので、心配な時は馬見丘陵丘公園ホームページで確認の上、お出かけになってくださいね。

※記事の一番下にホームページURLを記載しています

馬見丘陵公園のトイレの数は多い?きれい?

 トイレの数はそんなに多くはありませんので、見つけた時に行っておく方がいいですね。

多目的トイレも設置されているので、小さい子ども連れのご家族やお年寄りの方でも安心ですよ。

「公園のトイレってちょっと汚いかな・・・?」なんて思ってしまいがちですが、馬見丘陵公園のトイレはとても綺麗にお掃除されていて気持ちよく使うことができます!

(トイレに限らず、馬見丘陵公園全体がとても綺麗にお手入れされています。)

馬見丘陵公園の古墳

馬見丘陵公園の魅力の1つである古墳。

馬見丘陵公園の中には、古墳がなんと13個もあるのです!

普段なかなか古墳に触れることってないですし、公園の中にあるのも珍しいですよね。

正直なところ、上から見ないと「これが古墳だ!」というのは分かりにくいのですが、それでも「いま古墳にいるんだ。」と考えると不思議な感覚になります。

子どもにも、非日常な雰囲気を味わってもらえるのではないかと思います。

百舌鳥古墳群が世界文化遺産に登録されて話題になりましたが、古墳に興味のある方は馬見丘陵公園の古墳めぐりも楽しんでみるのはいかがでしょうか?

馬見丘陵公園の水遊びが子どもに大人気!

馬見丘陵公園は大きくわけて4つのエリアに別れているのですが、その中でも子どもを連れていくなら北エリアがおすすめ。

馬見丘陵公園 園内マップ(PDF)

北エリアには子どもが楽しめるアスレチックがあって、夏には水遊びが出来るエリアがあります!

水遊びエリアは、4月~9月の間、噴水が出て水遊びをすることができます。

深さもあまりなく水も循環されていて綺麗なので、小さい子どもさんでも遊ばせることが出来ますよ。

ただ本当に水遊び場という感じなので、更衣室などは設置されていません。

水着で遊んでいる子もいますが、服のまま遊んでいる子も多いですよ。

北エリアで子供を遊ばせるために馬見丘陵公園に行く時は、北駐車場を利用するのがおすすめです。

馬見丘陵公園は広い公園なので、違う駐車場に停めてしまうと北エリアに行くまでに結構歩くので、小さい子は疲れてしまうかも・・・・

園内はベビーカーや車いすでも移動しやすいので、小さい子ども連れならベビーカーを持っていくと安心ですね。

馬見丘陵公園は花々がとにかく美しい!

 馬見丘陵公園は、公園のあちこちに季節のお話が咲いています。

梅や桜はもちろん、ネモフィラ、しょうぶ、チューリップ、あじさい、ひまわり、ダリア・・・・。

一年中なにかしらの花が咲き乱れていて、初めて行く人ならきっと「わ~っ!」と歓声をあげてしまいそうなほど綺麗ですよ!

手入れが行き届いているのでとても綺麗に咲いていて、ふだんお花にあまり興味が無いという人でも楽しめるはず。

季節の旬の花のイベントもされていて、夏だと満開に咲き誇ったひまわりが最高です。

チューリップフェアも人気がありますし、私が行った時には花菖蒲が見ごろでした。

とても綺麗に咲いているので見応えがありますよ!

休日には花の即売所があって、気に入ったお花を購入して持って帰ることもできます。

馬見丘陵公園の楽しみ方

 馬見丘陵公園はとても広いので、「1日で全部を楽しもう!」と思うとすごく時間がかかりますし、正直、遊び疲れてしまいます。

馬見丘陵公園の楽しみ方としておススメなのは、出かけた日の気分で遊び方を変えてみることです。

のんびりお花をみながら公園内を探索する日

アスレチックや水遊びで遊ぶ日

公園の古墳を巡る日・・・などなど。

馬見丘陵公園だからこそ可能な、いろんな楽しみ方ができます。

張り切ってしまうと、もう後半にはバテバテになってしまいますからね・・・

歩くだけでも時間がかかるので、目的と楽しみ方を決めてお出かけしたほうが馬見丘陵公園を満喫できますよ!

ちなみに園内にポケモンGOをしながら歩いている人が沢山いたので、もしかすると馬見丘陵公園は何か珍しいポイントが出没するスポットなのかも・・・?

馬見丘陵公園は、ポケモンGOを楽しむにもいい穴場スポットなのかもしれませんね。

ポケモンGOが好きな人も、ぜひ一度お出かけになってみてはいかがでしょうか?

馬見丘陵公園の禁止事項

馬見丘陵公園には、禁止事項がいくつかあります。

  • ペットの散歩など、ペットを連れての入園
  • ゴミ箱が園内にはないので、ゴミを捨てない
  • 馬見丘陵公園内の植物、動物や虫の捕獲
  • 池での魚釣り
  • 野球、ゴルフ等の球技
  • ローラースケートなどの使用
  • 指定されている場所以外の自転車の乗り入れ
  • バーベキュー

園内にも詳しく書かれていますが、これらの行為は禁止されています。

「公園なのでペットOK?」と勘違いしやすいのですが、ワンちゃんやねこちゃんを連れて入ることはできないのでどうぞご注意くださいね。

綺麗なお花をみるとついつい持って帰りたくなってしまうかもしれませんが、写真にとって記念にする程度にしておきましょう。

公園を楽しむ為にも、禁止事項を守って遊ぶようにしてくださいね。

馬見丘陵公園のアクセスとまとめ

 今回は、奈良県にある馬見丘陵公園についてご紹介しました。

公共機関を使うと、実はちょっと不便なところにあります。

近鉄大阪線の「五位堂」駅からバスがありますが、1時間に1〜2本くらい。

しかも夕方5時くらいにはバスがなくなってしまうようです。

近鉄田原本線「池部駅」からだと「歩いて2分」となっていますが、ウォーキングコースでもある緑道エリアを突っ切って北エリアまで歩くのに15〜20分くらいかかります。

小さい子どもさんやお年寄りの方がいるご家族なら、車のほうがおススメです。

アクセスはこちらに詳しく載っています↓

交通アクセス|奈良県ホームページ

 

馬見丘陵公園は、大人でも子どもでも楽しむことが出来る「行ってみる価値あり」の公園です。

入園料、駐車場など園内を利用するのにお金がかかることがないので、家族で出かけても負担なく遊べるのも嬉しいポイントですよね。

興味を持たれた方は、ぜひ馬見丘陵公園にお出かけになってみてくださいね!

県営馬見丘陵公園|奈良県公式ホームページ

馬見丘陵公園近くの宿を探すならこちら|楽天トラベル

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。