おすすめ・レビュー

ハワイ街歩きバッグはなにがおすすめ?防犯対策や使い勝手で選ぶなら

ホノルル

「ハワイの治安はいい」そんなイメージありますよね?

確かに海外の他の国にくらべれば、ハワイ中心部の治安はいいと言えます。

でもそこはやっぱり外国。

最近ワイキキ中心部でも、スリやひったくり、置き引きが増えています。

昨年20年ぶりにハワイに行ってきたのですが、街歩きのときのバッグをどんなものにしたらいいのかずいぶん迷いました。

慣れない海外旅行、どのくらい防犯対策しておけばいいのか心配でしたし、現金やパスポートも「預けるのか、持ち歩くのか?」もわかりませんでした。

せっかくのリゾート地なのにあまりガチガチな格好も嫌だし、「お金持ってますよ!」みたいのは余計に怪しいですしね・・・

いろいろ迷って選んだのが「サコッシュ」でした。

結果、すごく使い勝手もよく、防犯対策にも対応できると感じました。

こちらでは、ハワイの街歩きバッグにサコッシュがとても便利だったことを書いています。

初めてのハワイ旅行、滞在中の街歩き用のバッグをどれにしようか迷っている方はぜひ参考になさってください。

ハワイの街歩きバッグ 防犯対策にリュックは?

街歩きするなら「両手があく」ことが大切な条件だったので、手提げバッグは考えませんでした。

最初は、リュックや普段使っているショルダーバッグを持っていこうかと考えました。

でもリュックだと、ちょっとお財布を出し入れするのにも、いちいち肩からおろしファスナーを開けて取り出さないといけない・・・

探しものがなかなかみつからないと、レジですごく焦っちゃうんですよね~。

かといって、サッとすぐに出せるようなところにお財布を入れるのは、裏を返せば「誰でもサッととれる」ということで防犯対策上あまりよろしくないですし。

取り出し口が背中側にあると自分からは見えないので、手慣れた相手に後ろでゴソゴソされていても気づかない可能性もあります。

普段使っているショルダーバックも、ファスナーがなくボタンひとつで留めるタイプなので、後ろから手を入れられても気がつきません。

こんな理由から、リュックといつものショルダーバッグをハワイでの街歩きバッグに使うのはやめ、新たにサコッシュを購入しました。

うちの夫はいつものリュックで行きましたし、実際にリュックを背負った人も多く見かけましたので、ご自分の使い勝手がいいものが一番だとは思います。

※夫はいつもリュックの中をかきまわして、探しものしてますけどね・・・

昼間にワイキキの中心部を歩いていると防犯のことは忘れてしまいそうな雰囲気ですが、実は中心地でも金品をとられるような犯罪が増えているようです。

近年人気のカイルアタウンなどはあまり治安がよくないので、十分注意するようにガイドさんから話がありました。

女性が一人で公園などの公衆トイレに入るのは本当に危険!中でどんな人間と鉢合わせするかわかりません。

実際に被害も出ているようなので、観光する時も気を抜かないようにしてくださいね。

ワイキキ中心部でも、女性トイレは暗証番号を押したりカードキーを使わないと中に入れない所が多くありました。

大通りの中心から少し外れると、日没後はかなり人通りが少なくなって、夫と2人でも「ちょっとこわい」と感じる場所も。

どんなバッグで行くにしろ、まずは「危険な時間に危険な場所へは行かない」ことが一番大切です。

ハワイの街歩き 貴重品の持ち歩きはどうした?

買い物に出る時にバッグに入れて持ち歩いた貴重品はこちら。

  1. 小さめの財布(その日に使う最低限の現金・カード2枚)
  2. パスポートのコピー

普段は長財布を使っていますが、それはお店のポイントカードが多いのと現金が主なため。

ハワイでは半折りの小さめの財布を使いました。

スリや引ったくりなど最悪のことも想定して、持ち歩く現金はその日に使う最低限の金額だけ。

オプショナルツアーでチップが必要だったのでその金額くらい)

ワイキキ中心部はレストランでもショップでもスタバでもカードが使えますので、カードを夫と合わせて数枚持ち歩きました。

使えないカードが出てくると困るので、カードは2〜3枚用意しておくと安心です。
マルイの赤いエポスカードは年会費永久無料なのに海外旅行保険が自動付帯。
ハワイ旅行にも安心で、帰国後もマルイはもちろん、世界中のVisaマークのあるお店で使えてポイントも貯められるので人気のあるカードです。

CHECK!  >> エポスカード

残りの現金とパスポートはホテルの部屋にあるセキュリティボックスに入れ、パスポートのコピーを持ち歩きバッグに入れておきました。

ある人の旅行記を読んだら、アジアの国を旅行中、ホテルのセキュリティボックスに入れた貴重品がボックスごと盗まれたと書いてありました。
ワイキキ中心のある程度ちゃんとしたホテルでは、そんな心配はまずいらないです。
夫に「ここ大丈夫かな?」と言ったら笑われました・・・

普通に買い物をしていて日本人が身分証明書を求められることはないと思いますので、基本的にはパスポート、パスポートのコピーも必要ないと思います。

でもコピー1枚ならかさばるものでもないので、バッグに入れておくと何かの時に役に立つかもしれません。

実は私達の旅行中、パスポートのコピーがとても役立ちました!

その理由はこちらの記事にかいています↓

ハワイの入国審査、チップ、スタバ注文、お酒まで戸惑った10のこと

ハワイの街歩きバッグにサコッシュをおすすめする理由

今回のハワイ旅行で実際に使ったバッグをご紹介しながら、そのおススメポイントをお伝えしたいと思います。

私が選んだのは「ビアンキ」というブランドのサコッシュです。

あまりカジュアルな若いデザインのものは似合わないので、40代の私が持ってもおかしくないものを選びました。

サコッシュ サコッシュ

メンズ用かな?と思いますが、女性が持っても全然おかしくないです。

このサコッシュ、ハワイでの街歩きに便利だった点はこちら↓

  1. 防犯対策にもしっかり対応できた
  2. 収納力があるのに軽くて楽
  3. 仕切りが多く、使い勝手がよかった

ビアンキのサコッシュ 防犯対策も〇

ファスナーもしっかり締まりますし、なんといっても「たすきがけ」ができるのでしっかり身に着けられます。

大きくてマチの広いバッグだと重くて歩きにくいですが、サコッシュは薄いので、しっかり身体に密着させることが可能。

日没後や人混みでは、身体の前に回して手でしっかり押さえながら歩くことができたので安心でした。

サコッシュには薄いナイロン素材のものや紐の細いものも多いですが、防犯対策を考えるならしっかりした素材のものがいいと思います。

私は生地が地厚なものにし、紐も簡単に切られないように太めのベルトタイプを選びました。

紐は金具で取り外せるタイプだったので、そこだけは注意しました。

ビアンキのサコッシュは収納力が〇

「このサコッシュは見た目よりも収納力ある」が私の感想です。

こちらのサコッシュ、マチがファスナーで広げられるようになっています。

サコッシュ街歩きでサコッシュに入れたのはこちらのもの↓

  • 半折りの財布
  • スマホ
  • タオルハンカチ、ティッシュ
  • ホテルのカードキー
  • 旅行会社でもらった地図
  • トロリーバスの乗り放題他、チケット類
  • エコバッグ

ワイキキのお店ではABCストア、DFSなど、ビニール製の袋をもらえないところが多いです。

ABCストアでは袋1枚15セントの有料になります↓

エコバッグ持ち歩きバッグの中にエコバッグも忘れずに入れておくと、荷物が増えた時に便利です。

私達が行ったのは12月と雨の多いシーズンだったので折り畳み傘は迷うところでしたが、雨が降っても霧雨のようなものがサーっと降るくらい。

すぐに止むのであまり傘をさしている人はいません。

荷物にもなるし傘を持ち歩くことはしませんでしたが、こちらのサコッシュには折り畳み傘もちゃんと入ります。

出かける時はサコッシュのファスナーを締めた状態で、ちょっとした小物を買ったときにはファスナーを開けてマチを広げればじゅうぶん対応できました。

大きいバッグはたくさん入るからとついつい荷物を詰め込みがちなので、本当に必要な持ち物だけを厳選する意味でも、このサコッシュくらいの収納力がちょうどよかったのではないかと思います。

長財布も入りますので、旅行中だけでなく普段のお出かけにも使用できます↓

サコッシュと長財布

ビアンキのサコッシュ 使い勝手が〇

ハワイでの街歩きバッグとして、とにかく使い勝手が良かったです!

こちらのサコッシュには仕切りポケットがたくさんついています。

(中は明るめの綺麗なカラーで気に入っています)

サコッシュハワイの街歩きをする時って、チケットや地図、旅行会社からの印刷物とかペラペラしたものを持ち歩くことが多かったんですね。

トロリーバスビアンキのサコッシュはとにかく仕切りが多いので、細かいものも迷子になりません。

印刷分やチケットを整理して分けて入れておくことができ、必要な時にサッと取り出せたので本当に便利でした。

お財布を持ち歩くのも荷物になって嫌な方は、そのままこちらの仕切りをお財布代わりにして使うのもいいと思います。

仕切りにマジックテープが付いているので、貴重品などはテープを止めておけば上から抜き取られにくいですね。

仕切りポケットも芯入りのしっかりしたつくりになっているので、一枚ものの印刷物を入れてもくしゃくしゃになりませんし、スマホや時計、イヤリングなどを入れておくのも安心でした。

ハワイ街歩きバックのおすすめ まとめ

  • 両手が空く
  • バッグの口がファスナーでしっかり閉まる
  • 紐が丈夫でナイフなどで簡単に切られない
  • 大きさや重さが手頃で、散策の負担にならない
  • 仕分けポケットが多く、貴重品や印刷物が迷子にならない
  • 見た目より収納力があること

いかがでしたでしょうか?

ハワイの街歩きバッグとして、防犯対策の必要性、実際に持ち歩いたビアンキのサコッシュについて感想をお伝えしました。

防犯対策や収納力、使い勝手についてももちろん大切ですが、せっかくのハワイ散策を思い切り楽しめる邪魔にならないバッグが一番ですよね。

「ハワイでの街歩き用のバッグ」を探している方に、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました
海外旅行の服
スーツケースレンタルエース楽天店を試した。キレイ?対応や費用は? 4泊6日でハワイに行ってきました。 数日前に急きょ、スーツケースをレンタルすることに決定。 実際に使用してみた感想を...
ハワイの風景
ハワイのセグウェイ年齢制限 子どもでも大丈夫?服装や料金は?ハワイ旅行、「オプショナルツアーなんにしよう?」って結構迷いますよね。 私もこんなツアーに参加してきました。 ステーキデ...