美容・ファッション

疲れ顔を治したい時はコレ! 老けてみえる原因と即効解消する方法

まわりの人から「疲れてる?」って聞かれたことありませんか?

元気なはずなのにそう言われちゃったなら、それは疲れ顔のせいかもしれません。

お疲れ顔をほうっておくと、年齢より老けてみられることもあります。

顔が疲れてみえる特徴と原因をきちんと把握して、早い段階からケアしていきましょう。

 顔が疲れてみえる特徴と原因

お疲れ顔、老け顔に見える特徴とは・・・?

原因も合わせてご紹介しますね!

目の下にクマがある

疲れて見える特徴として特に多いのが、目の下のクマです。

大きな原因の1つが睡眠不足。

睡眠時間をとっているのにクマが消えない場合は、質の良い睡眠がとれていない可能性もあります。

寝る直前までスマホをいじったりしていませんか?

コーヒーなどのカフェインも、遅くに摂取してしまうと眠りが浅くなります。

眠る前の少なくとも1時間は、軽くストレッチをしたり音楽を聴いたりしてゆったりと過ごすようにしましょう。

顔がむくんでいる

むくみは塩分やアルコールの摂りすぎ、血行やリンパの流れが悪いことが原因になって起こります。

特に寝起きに現れやすく、むくみ過ぎて目が開けにくい・・・なんて事も。

顔の輪郭や目元がぼやけてしまうので、どんよりした疲れた印象を与えてしまいます。

また一時的な原因だけじゃなく、ストレスを溜めた状態が長く続いた時にも顔がむくみがちになります。

目が充血している

スマホやパソコン操作を長い時間続けていると、目が疲れて充血しますよね。

プライベートだけじゃなく仕事でもパソコンを使うことが多い人は、1日中目を酷使しています。

たとえ身体が元気でも、目が充血しているだけで疲れているように見えてしまいます。

肌荒れ 顔色が悪い

顔色が青白いと、不健康そうに見えますよね。

さらに肌荒れもしていると、「お手入れする時間もないほど忙しくて疲れているんだな」と思われる可能性が大です。

冷えからくる血行不良、リンパの流れが悪い、スキンケア不足などが原因になります。

ちょっと陰気な印象や、清潔感のないイメージすら与えてしまうお疲れ顔、一刻も早く改善したいですよね・・・

疲れ顔を即効解消させる方法

エステやサプリもいいですが、値段も高いしいつでも行けるわけではないですよね。

お家や職場ですぐにできて、即効性のある方法がこちら!

疲れ顔をメイクで解消

顔が疲れて見える大きな原因でもある目の下のクマ、ササッとコンシーラーでカバーしましょう。

特に夕方はメイクが崩れて、余計に疲れ顔に見えてしまうこともあります。

皮脂と混ざって顔全体もくすんで見えちゃうので、お化粧直しはこまめにして下さいね。

小さなスプレータイプの容器に入れた化粧水とコットンを、ポーチに入れておくと便利です。

崩れたメイクの上から塗り重ねるよりも、化粧水をスプレーして軽くメイクを拭き取った後、コンシーラーやパウダーでお化粧直ししたほうが断然仕上がりが綺麗ですよ!

エアコンで乾燥した肌にもしっとり潤いが戻るので、お疲れ顔にもツヤが復活します。

明るい色の口紅を使って、唇の血色がよく見えるようにしましょう。

口紅をつける前に、指で軽くプッシュするように唇をマッサージしてあげると良いですよ!

ファンデーションの色も大切です。

購入する時はサンプルをもらったり試し塗りさせてもらい、化粧をしてから数時間たった時にどのくらい色味が変化しているのかチェックしておきましょう。

1日を通して自分の肌がきれいにみえるファンデーションを選んでくださいね。

疲れ顔をマッサージで解消

顔のむくみが気になる時はマッサージしましょう。

とくに寝起きは目元がむくんでいることが多いですよね。

朝の時間がない時でもパパッとできる、むくみ解消マッサージをご紹介します。

◆マッサージのやり方

  1. 洗顔後クリームを塗り、目の下に指先が当たるように手を頬にのせハンドプレス
  2. 顔の中央から外側へ、こめかみに向かってゆっくり引き上げる
  3. 顔を右側に傾け、耳下から鎖骨をなぞる
  4. 反対側も同じように行う

この流れを3回ほど繰り返しましょう。

力を入れ過ぎると逆効果になりますので、クリームですべらせるような感覚で軽く行ってくださいね。

ゆっくり息を吐きながらリラックスした気持ちで行うこともポイントです。

慣れてきたら毎朝行うことで、むくみだけじゃなく小顔効果も期待できますよ!

疲れ顔を表情で解消

顔の筋肉は、使わないと衰えてしまいます。

お仕事中でも家で1人の時も、普段から自分がどんな表情をしているのかを意識しておきましょう。

口角を普段から意識して上げるようにすると、リフトアップ効果もあり筋トレにもなります。

口元がへの字に下がっていると疲れ顔や不満顔にみえちゃいますし、ぼんやり口を半開きにしているとだらしのない印象を与えちゃいますよね。

口角がキュッと上がっていると幸せそうに見えますし、引き締まった表情は利発そうな生き生きした印象になります。

疲れ顔をスキンケアで解消

健康的に見せるには、透明感のある肌がとても大切です。

肌荒れを防いで疲れ顔を元気にするために、スキンケアに力を入れましょう。

春先のホコリっぽい季節や秋冬などの空気が乾燥する時期は肌が荒れやすくなるので、特に保湿を大切に。

おすすめはフェイスマスクです。

「なんかお疲れ顔?」と感じたら、お風呂上りや眠る前のリラックスタイムにフェイスシートを使いましょう。

肌に潤いも戻るしリラックスもできて、気分もすっきりしますよ。

疲れ顔=目の疲れを解消

充血を抑える効果のある目薬をバッグに入れておきましょう。

スマホやパソコンの画面、長時間みつめていると目が赤くなったりショボショボ乾燥したりしますよね。

目が赤く充血していると、それだけでも疲れて不健康な印象になってしまいます。

疲れ目にいい成分の入った、充血をとってくれる目薬を持ち歩いておくと便利です。

すぐにキレイな白い目になれるので、元気な印象を取り戻せますよ!

ただ目薬は充血を抑えてくれますが、目の疲れそのものがなくなるわけではありません。

ブルーライトをカットするシートを貼ったり、正しい姿勢を意識して目を画面に近づけないようにするなど、目に負担をかけないように工夫してくださいね。

疲れ顔を生活習慣から解消

ここまでは、お疲れ顔を解消する即効性のある方法をご紹介しました。

でも疲れ顔の解消には、普段の生活を見直すことが一番大切なんですよね。

疲れ顔を隠すのではなく、根本から解決していきましょう。

まずは生活習慣、食生活を見直しましょう。

睡眠は十分に確保できていますか?

バランスの良い食事をとるように心がけてくださいね。

柑橘類やバナナ、アボカドは、ビタミンやカリウム、食物繊維が豊富なので積極的に摂るようにしてください。

身体の中の余計な塩分も排出してくれる働きがあるので、血行促進にも効果的ですしむくみ予防にもなります。

シャワーではなく湯船につかってリラックスすることも大切です。

お湯の温度は38度のぬるめで、ゆっくりと25分ほどつかりましょう。

体が温まると血行が良くなると質の良い睡眠がとりやすくなって、翌朝すっきりと目覚めることができます。

ただお風呂って結構体力を使いますよね。

「長い時間お風呂に入ると疲れてしまう」という人は、無理をせずに体力に合わせてお風呂のペースや入り方を調整してくださいね。

何ごとも「無理しすぎない、身体と心を疲れさせない」がポイントです。

疲れ顔を治したい まとめ

目の下のクマや顔のむくみ、目の充血は、疲れ顔にみえる大きな原因です。

緊急時には、メイクや目薬を使って明るい顔に。

日々の生活習慣や食生活を見直して、根本から疲れ顔を改善していきましょう。

「私いま疲れてみえる・・・?」と感じて対策をうったら、最後は笑顔です!

生き生きとした元気な笑顔で、疲れ顔を吹き飛ばしてくださいね!

顔をかくす女性
40代しわやたるみを増やしたくない!原因は毎日の○○にあるかも?皆さん普段、自分がどんな顔で過ごしているか知ってますか? ある時、実家で撮った写真の中に、テレビを観ている私の姿が写り込んでいまし...