身体・メンタル

歯のクリーニングって痛い?効果あるの?【断言】絶対おすすめです!

歯の綺麗な女性

歯のクリーニング、痛みや費用が気になって迷っていませんか?

 気になっているなら絶対に行ったほうがいいです!

私は10年前から定期的に歯のクリーニングに通っていますが、この習慣は本当に身につけてよかったと感じています。

では早速、歯のクリーニングについて痛みや効果、費用、「どうしておすすめなのか?」をお伝えしていきますね!

歯のクリーニングは痛くない

「歯医者は痛い・・・」

そんなイメージやっぱりありますよね?

でも、歯のクリーニングは痛くありません!

基本的にクリーニングは歯科衛生士さんがやってくれます。

歯ブラシでとりきれない歯石を削りとって、歯の表面をブラッシングして磨いてもらうのです。

歯そのものを削るわけではないので、痛みはありません。

ただ、歯石を削る時に「ピーンッ!」という高い鋭い機械音は出ます。

あれがちょっと怖い人はいるかもしれません。

緊張して、身体が固まっちゃいますよね。

私も相当なビビりなのでわかりますが、歯医者さんって雰囲気が独特。

数十年前は割とこわい歯医者さんも多くて、泣き叫ぶ子供の声がよく聞こえたものでした。

でも、今はどこの歯医者さんも本当~に丁寧で優しい!!

クリーニングする時も、歯科衛生士さんが「もし苦しかったら左手あげてくださいね~」と優しく声かけしてくれます。

私は頬の筋肉が弱いのか、ちょっと口を開けているだけで疲れてプルプル震えてしまうのですが、数本クリーニングするごとに「お口楽にしてくださいね~」と休憩時間もちゃんととってくれます。

クリーニング中に奥歯の歯茎から少し出血することもありますが、痛みは感じないのでほとんど気がつきません。

うがいをした時に始めてわかるくらいですが、出血自体はすぐに止まりますので心配しないでくださいね。

初回のクリーニングは慣れなくて緊張するかもしれませんが、こわがるような痛みはないですし、何よりその爽快感がやみつきになって「次も行こう!」と思うようになりますよ~。

「歯石とりして痛かった」という声もネットでみかけたのですが、長年歯石とりをしたことがなく、久しぶりの歯医者だったという人が多いようでした。

歯石をかなりの年数ためてしまうと、その分クリーニングの時間もかかって歯茎に近い部分も処置することになるので痛みを感じやすいのかも・・・と思いました。

「歯医者慣れしていない」ということもあるかもしれません。

機械の金属音や薬品の臭い、甘みと苦味の混じったなんともいえない味なんかも慣れてしまえば平気なんですが、久しぶりだとやっぱりすごく嫌ですよね。

でも、そのような人も最終的には「やってよかった!」と感じているようなので、もし「長年歯医者に行ってないよ」という方にこそ、勇気を出して行ってみてほしい!と思います。

歯のクリーニング 頻度と費用、かかる時間

歯の検診と歯石とりは、たいてい保険診療内で行ってくれます。

歯周病チェックや日頃のお手入れの確認、歯石とりと歯の表面のブラッシング、最後に歯医者さんの検診があって、1時間くらいです。

これまでお願いしたところは、どこも3,000円~4,000円代でした。

初めて行く歯医者さんや、半年ぶりのクリーニングの時には検査のためのレントゲンをとりますので、その費用が含まれるか否かで料金が変わっています。

私はいつも「歯の検診お願いします」と予約していますが、初めてのところに電話をかけるときは、費用とやってもらえる内容は確認しておいたほうがいいですね。

私は経験ありませんが、矯正治療やホワイトニングなどを得意にしている歯医者さんだと、自由診療扱いで高額な料金になってしまうこともあるかもしれませんので・・・。

 

頻度はどこの歯医者さんでも大体「3ヵ月に1度」と言われます。

歯の状態もよくお手入れもしっかりできていれば、歯医者さんのほうから「4ヵ月に1度でも大丈夫ですよ」と言われることも。

歯石が溜まり始める期間が大体3ヵ月くらいなので、それを目安にお手入れしておけばいつでも綺麗な状態を保っていられますね。

歯のクリーニングの効果 おすすめの理由はこんなにある!

それでは、私が実感している歯のクリーニング効果についてお伝えします。

  1. 虫歯・歯周病の予防になる
  2. 口臭を防ぐ
  3. 歯の黄ばみや汚れがとれる
  4. 歯のケアに対する意識が高まる
  5. 口元がきれいだと自信がつく

虫歯・歯周病の予防になる 治療のリスクを最小限にできる

歯のクリーニング前に、歯科衛生士さんが歯の状態をみてくれます。

歯の1本1本丁寧に、ぐらつきがないか、歯茎は弱っていないか、着色や汚れ具合はどうか、などです。

日頃のお手入れをどうしているかも聞かれます。

クリーニングの後は、歯医者さんが虫歯その他をチェック。

歯周病や虫歯の有無を定期的にみてもらえますので、早い段階で治療を始めることができます。

かなり痛くなってから歯医者さんに行くと、治療がとっても大変。

麻酔が必要になったり、ひどいと神経を抜くことになったり。

深く削れば痛みも伴いますし、費用も時間もかかりますよね。

クリーニングで定期的に検査してもらうことで、そういった治療のリスクを最小限にすることができます。

口臭を防ぐ 人と会話することが怖くない

こればっかりは、自分でなかなか気がつけないんですよね・・・。

「口が臭いよ!」なんて家族でもなかなか指摘してもらえません。

もしかしたら、気がつかないうちに「口の臭い人認定」されているかもしれません。

定期的な歯のクリーニングで臭いの元になる歯垢や歯石をとることができますし、きちんと虫歯を治療することで、少なくとも歯が原因の口臭を防ぐことができます。

歯医者さんになら「口臭気になるんですが、どうですか?」と聞けますし、歯医者さんも本当のことを教えてくれますしね。

歯の黄ばみや汚れがとれる コーヒーやチョコの好きな人も安心

定期的にクリーニングに通っていれば、歯石がたまることはそんなにありません。

でも、歯の着色はやっぱりついちゃいます!

これ「ステイン」ともいいますよね。

特に、コーヒーやチョコレートが好きで毎日のように摂る習慣のある人。

歯と歯の境目が黒くなっていたりしませんか?

自分では気がつかないのですが、下の歯の裏側なんかも茶色い汚れがつきやすいです。

毎日の歯磨きでは落ちない汚れを専用の機械でとってくれますので、クリーニングの後はツルツルの歯になりますよ!

歯のクリーニングはホワイトニングのように漂白するものではありません。

本来の自分の歯以上に白くしたい時は、別にホワイトニングが必要になります。

クリーニングは普段の食事でついた着色や汚れをとって歯の表面をブラッシングすることで、ツルツルとした光沢がでて綺麗にみえる効果はあります。

歯のケアに対する意識が高まる 毎日のお手入れに力が入ります

お金と時間をかけてクリーニングに行っていると、自分でもきれいな状態を保ちたいと思うようになります。

口の中がスッキリと健康な状態って、とても気持ちがいいですよ~。

私も歯のクリーニングに行くようになって、毎日のお手入れも丁寧に行うようになりました。

以前は歯ブラシで磨くだけでしたが、今は歯ブラシの他にフロス、デンタルリンス、奥歯専用のブラシを使うようになりました。

奥歯専用のブラシってこういうのです↓

奥歯専用歯ブラシ

奥歯って歯茎が歯の上にかぶさったりして、隅っこまでうまく歯ブラシ届きませんよね?

この細いブラシがしっかり奥歯のすみっこにピタッと収まりますので、小さい食べカスなんかもきれいに取り除くことができます。

使いだすと気持ちいいですよ~

口元がきれいだと自信がつく

虫歯もない!着色汚れもない!歯周病もなくて口臭もない!

自分も毎日頑張ってお手入れしている・・・となると、自分の口元に自信が持てるようになります。

人と話すことが怖くないし、口をあけて笑うことができる。

歯並びは矯正しない限り変えることができませんが、3〜4ヵ月に一度、3,000円~4,000円のクリーニングならそう負担なく続けることができます。

特に40代になって、年齢を重ねれば重ねるほど「清潔感を保つ」ことが本当に大切だと感じています。

 

いかがでしたでしょうか?

私は歯のクリーニングはこれからも続けていこうと思っています。

気になっている方は、ぜひ一度近くの歯医者さんにお電話してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました
歯と歯ブラシ
ドクターブロナー歯磨き粉でホワイトニング 研磨剤なしで歯茎にも安心!加齢による歯の黄ばみが気になっていませんか? 最近はホワイトニングが身近なものになって、歯磨き粉も以前に比べて「歯が白くなる」こと...