ライフ・イベント

ステンレスボトルの洗浄 酵素洗剤で底のコーヒー汚れがスッキリ!

ステンレスボトルの底にこびりついた汚れ、以前から気になっていました。

夫がここ数年愛用していて毎朝コーヒーを入れて会社に持っていくのですが、洗うだけじゃ落ちない頑固なコーヒー渋に困っていました。(お見苦しくてすみません)

ステンレスボトル底

一応毎回ちゃんと洗ってはいたんですけど・・・お手入れ不足ですよね(汗)

「これみんなどうやってピカピカにしてるの?」と不思議だったのですが、今回初めての洗浄方法を試してみたら・・・こうなりました!

ステンレスボトル

落ちましたよ!長年あきらめていたコーヒー渋がーーー!

こんないい方法をなぜ今までやらなかったのか・・・

私と同じようにステンレスボトルの洗浄方法に困っている人に、ぜひとも試してほしいです。

ステンレスボトル汚れ 重層は?

いままでにもいろいろ試してはみました。

「とりあえず重層でしょ!」って感じで、自宅にあった重曹も使ってみました。

重層をステンレスボトルの中に適量ふりいれ、お湯をそそぐと泡がブクブク・・・

泡と一緒に細かいコーヒーかす?みたいなものも浮いてきたので、「おっ、やった!」とその時は喜びました。

でもですね・・・

8割ほどの汚れはとれたものの、わきや底にこびりついたコゲのような頑固なコーヒー渋はやっぱり落ちない。

※その結果が先程の上の画像です。

その後は「ステンレスボトル用」のブラシで頑張ってこすっていたのですが、そのうち染みなのか傷なのかもわからなくなって「これ以上は無理?そろそろ買い替え?」と思っていました。

ステンレスボトル洗浄 酵素洗剤 つけおき

そんな時、「ステンレスボトルの汚れには酵素洗剤がイチオシ」なる情報を耳にしました。

えっ、酵素洗剤なら衣類用に買ったものがうちにもある!

酵素洗剤って、衣類だけにつかうものかと思ってた・・・

やり方は重層の時と同じです。

「酵素洗剤をステンレスボトルに入れお湯を注ぐ」だけ。

裏面の記載には「2リットルに対して大さじ1杯弱」とありましたが多少多めに入れました。お湯は40〜50℃くらいで設定。

しばらくすると泡の中に細かい黒い粒が浮いてきましたが、ここまでは重層の時と同じ。

このまま買い物に出かけ、2時間ほど放置。

戻って洗い流してみると・・・

ステンレスボトル

おおっ!重曹の時と全然違う!ピカピカで新品のようです!

「えーっ、こんなに綺麗になるんだ??」って驚きでした。

(ごめん、夫よ、ずっと汚れたボトルを持たせていて・・・)

それならばと、コーヒーメーカーのポットも取り出して洗浄しました。

これも底のほうに茶色くコーヒー染みが残って、落ちなかったんです。

酵素洗剤とお湯を入れたとたんに茶色く色が濁りました。

こんなに汚れていたんですね・・・

最初はこんな風に白く細かい泡がたっていたんですが、そのうち紅茶のような色に。

こびりついていたコーヒーが溶け出したんですね!

炭酸飲料のように、そこから無数の細かい泡が立ち上ってきます。

みていると結構楽しい・・・

また3時間ほど放置して洗い流したら、こちらもピッカピカです!

他にもやかんや急須など、目についた台所製品のあらゆるものを酵素洗剤でつけ置きして、きれいさっぱり気持ちよくなりました。

ステンレスボトル汚れに酵素洗剤 まとめ

酵素洗剤が衣類の臭い消しにきくのは知っていましたが、茶渋やコーヒー渋に使ってみようとは思いませんでした。

パッケージの裏面、説明書きにちゃんと「しみ抜き」「台所」って書いてあるのに・・・

きっと「そんなの常識よ!いままで知らなかったの??」というご意見もあるのでしょうが、こんなにいい方法をこの時まで知らずにゴシゴシこすっていました。

「知ってるのと知らないのとじゃ大違い」ってこのことですね。

まだまだ私の知らない便利なことってあるんだろうな~と改めて感じました。

ステンレスボトルの底汚れをゴシゴシ頑張ってこすっている人、このページをみて酵素洗剤のすごさ、便利さを知っていただけたら本当に嬉しいです。

ぜひとも酵素洗剤を手にいれて、ステンレスボトルをピカピカにしてくださいね!