ライフ・イベント

夫のいびきのストレスでイライラ ゆっくり眠るための5つの対処法

眠る女性

部屋中に響きわたる夫のいびきでまともに眠ることもできない・・・・。

これが毎晩続くのかと思うと、絶望的な気持ちになりますよね。

女優の吉瀬美智子さんもご主人のいびきには苦労していたらしく、テレビ番組で殺意を覚えるなんてブラックジョークも飛び出しました。

不眠のストレスが長く続くと、身体だけじゃなく精神面、感情面にも影響が出てきます。

そのまま放置しておくと「うつ」状態に陥ってしまうことも・・・。

夫へのイライラが募ると、夫婦関係もギクシャクしていきそうです。

早くそんな状況から抜け出して、いい睡眠がとれるような環境をつくることが大切ですね。

結論からいってしまえば、解決策は2つ。

  1. いびきを治してもらう
  2. いびきが耳に入らないようにする

この記事ではこのうちの一つ、夫のいびきのストレスから解放される策として

「本人にいびきを治してもらう方法」を書いています。

もう一つの解決策「いびきが耳に入らないようにする」はこちらの記事に書きました↓

夫のいびきで眠れないストレスから抜け出し、睡眠を守る3つの方法

夫のいびき対処法 本人にいびきのひどさを自覚させる

イライラしてしまうくらいストレスが溜まっているということは、本人にも「いびきの音で眠れない」と何度か伝えているのではありませんか?

「いびきが気になる」「いびきを治してほしい」「私が眠れない」

何度も訴えているのに具体的な行動をとってくれないのは、本当にイライラしますよね。

結局、本人は自分のいびきがどのくらい相手に迷惑をかけているのか、まったく理解していないことが多いのです。

「こんなに大きな音を出しているのになぜ本人は気がつかないの??」

という疑問もわきますが、人間は深い眠りに入ってしまうと脳も休んでしまうので「音」を認識しなくなります。

自分のいびきや寝言で目が覚めるのは、眠りが浅い状態になっているからです。

本人に自覚させるには、起きている時に「いびきの音」を聞かせる必要があります。

いびきを録音するのに一番おすすめなのがスマホアプリを使う方法。

iPhoneならこちらの「いびきラボ」が有名。世界30ヵ国以上で使用されています。

いびきアプリ夫が眠りについたら、近くにセットしておけばOK。

有料版だと一晩中のいびきを拾ってくれますが、最初は無料版で十分です。

いびきアプリの画面こちらは↑サンプル画像ですが、録音したものが聴けるだけじゃなく、目でみても音量や頻度がわかるようにグラフで表示してくれます。

実際に使ったことがありますが、はじめて自分のいびきを聴いた時は本当にショックでした。

こちらを聴かせることで、「いびきくらいたいしたことない」という誤った認識を正してもらいましょう。

お使いのスマホがアンドロイドでしたらこちらのアプリがあります。

「寝言・いびき録音アプリ」

いびき録音アプリ

夫のいびき対処法 耳鼻科に行ってもらう

耳鼻科に行って鼻炎や慢性副鼻腔炎などの原因がないかみてもらいます。

鼻炎アレルギーなどを持っていて鼻腔がせまくなっていたり、アデノイド肥大が原因になっていびきが起こっている場合があります。

耳鼻科的検査と治療

鼻づまりがある場合には、まず耳鼻科的な治療が優先されます。
鼻中隔弯曲症、花粉症などのアレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎などの鼻疾患がいびきの原因になりますので、耳鼻科的な治療で鼻づまりを改善すれば、いびきの改善も期待できます。

参照・参考|いびきの治療|いびきの話|睡眠時無呼吸なおそう.com

 

もし耳鼻科的な原因がなかった場合、そのまま紹介状を書いてもらい、無呼吸症候群をみてもらえる病院に行くことをおすすめします。

夫のいびき対処法 無呼吸症候群の検査を受けてもらう

一緒に眠っている相手にストレスを与えるくらい毎日いびきをかくのは「無呼吸症候群」を疑ったほうがよさそうです。

ご主人に、日中ひどい眠気を感じたりしないか聞いてみてください。

「痩せているからそんなはずはない!」というご主人がいたら、その認識は間違いです。

無呼吸症候群の人の3割は痩せているというデータがあります。

無呼吸症候群を放置しておくと、心臓病や高血圧、糖尿病のリスクが高くなって死亡率が高くなる危険も。

「このままだと身体によくないかもしれないから、病気じゃないことを確認してほしい」

とお願いしてみましょう。

億劫がってなかなか行動に移してくれなかった時はイライラする気持ちをグッとこらえて、「本当に心配しているからお願い!」とあくまでも身体が心配だからという面を強調してみてください。

それでもだめなら、もう自分の精神状態が限界だということを冷静に根気よく説明しましょう。

無呼吸症候群に関する情報はいくらでもネットで集められますので、印刷したものをご主人にみせて危険性を理解してもらうのもよいと思います。

こちらのサイトではセルフチェックができます↓

ご主人に一度やってもらい、一つでも当てはまれば病院に行ってくれるかもしれません。

実は私自身が無呼吸症候群でした。

「どんな検査になるの?費用は?」など気になることがあったらお読みになってください↓

いびき検査は何科?検査入院の費用から保険手続きまでの体験談。

もし無呼吸症候群の診断がつけば、酸素を送るマスク(CPAP)を装着する方法やマウスピースをつけるなどの治療法があります。

扁桃炎が肥大していて外科手術を受ける場合もありますが、他の治療法は専用の器具を使うことで「いびきをかかないようにする」対処法になります。

いびきの音はほとんど気にならないレベルになるはずなので、ご家族も眠れないストレスやイライラから解放されるはずです。

酸素を送るマスク(CPAP)は、睡眠外来の先生も「一発でよくなりますよ~」と言っていました。

保険適用にならなかった場合、かなり高額にはなりますが自費購入もできるようです↓

CPAP Life

夫のいびき対処法 歯科でマウスピースを作成

病的な原因がなかった場合、保険適用になりませんがいびき対処法で一番おすすめなのはこちらです。

ネットショッピングでもいびき用のマウスピースが販売されていますが、私は歯科でのマウスピース作成をおすすめします。

自分に合わないマウスピースをつけてもいびきへの効果は期待できませんし、噛み合わせがずれれば身体全体に悪影響が出てしまいます。

費用は、保険適用でも15,000円ほどかかりますので、全額自己負担ならちょっと高額になってしまいますね。

でもお手入れをきちんと行えばかなりの年数が使えますし、ご家族がストレスを感じるくらい深刻な状況であれば検討する価値はあると思います。

私のマウスピース作成の経緯はこちらにかきました↓

いびき用マウスピースの作成体験談。メリット・デメリット、費用は?

こちらのサイトも参考になります↓

夫のいびき対処法 いびき対策グッズを使う

いびき防止グッズなどは、もうすでにいくつか試されているかもしれませんね・・・。

私も以前、口テープや鼻の上に貼る拡張テープなどを購入しましたが、効果はあまり感じられませんでした。

自宅で手軽にできる対策として、私が一番効果が高いと思うのは「横向き寝」です。

「いびき防止に横向き寝」はよく言われますが、実際に私が受けた入院検査で横向きになった時のいびき発生率は、仰向けの時の10分の1でした。

「仰向けじゃないと寝られない!」と言うかもしれませんが、それも慣れです。

横向き寝が楽にできる枕や抱き枕もありますので、合うものがみつかれば効果は高いはずです。

こちらの抱き枕や横向き寝枕はレビュー評価が高かったです↓

首ストレッチ機能付き!横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」

LOFTY(ロフテー)公式サイト

寝返りのときに仰向けになってしまう人には、背中にテニスボールをくっつけておく方法もおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか?

夫のいびきのストレスから解放されてゆっくり睡眠をとれるように、

「本人にいびきを治してもらう」方法を5つご紹介しました。

夫のいびき対処法
  1. いびきのひどさを本人に自覚させる
  2. 耳鼻科にいってもらう
  3. 無呼吸症候群の検査をしてもらう
  4. 歯科でマウスピースをつくってもらう
  5. いびき対策グッズをつかう

一番大切なのは、ご家族がいびきでこんなにつらい思いをしていることを本人が理解してくれること。

そして、いびきを治そうと少しでも努力してくれることです。

根気のいることかもしれませんが、できるだけ話し合って、お互いにとっていい方向に向かっていけたらいいですよね。

いびきの音で悩む人に少しでも参考になれば嬉しいです。