美容・ファッション

鼻の毛穴の黒ずみ洗顔方法 汚れやポツポツ角栓をツルぴか肌に!

いちご

化粧をしていても気になる鼻の毛穴の黒ずみ汚れやポツポツ角栓・・・

鏡をみるたびに、いちご鼻が目について気になりますよね?

至近距離で見られた時に、「うわ、鼻が汚いな~」なんて思われていないかと気が気じゃなくなるのですが、一体どうやったらこのブツブツきれいになるのでしょうか?

今回は、鼻の毛穴のお手入れ3つの方法をご紹介させていただきます。

  • 鼻の毛穴の黒ずみにいい洗顔方法は?
  • 鼻の毛穴のブツブツ角栓をきれいにする方法
  • 鼻の角栓をとった後のスキンケア方法

鼻の毛穴の黒ずみ洗顔方法は?

鼻の毛穴の黒ずみ汚れ、綺麗にしたいあまり無理矢理こすっていませんか?

汚れを取ろうとして皮膚の表面をいくらこすっても、黒ずんだ毛穴汚れは落ちません。

むしろ逆効果で、ゴシゴシ洗うのは肌を傷つけて、余計に汚れや毛穴を目立たせてしまうのです。

鼻の毛穴の汚れを取るには、ちょっとした洗顔のコツがあります。

まずは、汚れが落ちやすいようにぬるま湯でしっかり顔を濡らしてください。

ここで大切なのが、お湯ではなく「ぬるま湯」で洗うことです。

お湯の方が油がサッパリとれて綺麗になりそうですが、同時に汚れ以外の肌に必要なものまで洗い流してしまうので逆効果なんです。

時間に余裕がある時は、蒸しタオルがおススメ。

洗顔前に、電子レンジで30秒ほどチンした蒸しタオルを使って毛穴を開かせておくと、より効果的に毛穴汚れを落とすことができます。

*けっこう熱くなるのでヤケドにご注意くださいね!

洗顔する時は、ネットなどを使って洗顔フォームをモコモコの泡にしてください。

汚れは泡に吸着して落ちますので、そのモコモコした泡で顔を優しくマッサージするように洗います。

小鼻の脇や、黒ずみが気になる鼻のあたまの部分にも泡がしっかりのるようにしてくださいね。

直接顔に手が触れて皮膚をこすってしまわないように注意しながら、モコモコの泡をクッションのようにして洗います。

「顔に手が触れないように!」ってこれ、意識しないとかなり難しいです・・・

あとは、洗顔フォームが肌に残らないようにしっかりすすいで綺麗に洗いながしてください。

鼻の毛穴汚れにはもちろん、お顔全体の汚れを無理なく落とすためにも、とにかく優しく洗うように意識してみてくださいね。

さらに毛穴の黒ずみ汚れを綺麗にするには、洗顔フォームを美白効果があるものやクレイ洗顔に変えてみると効果的です。

クレイ状のものやスクラブタイプの洗顔フォームは、使いすぎると刺激で逆に毛穴を広げてしまうこともあるので、週に1〜2回の使用でじゅうぶんです。

※リキッドファンデーションなどが落ち切っていないことも毛穴汚れの原因になります。洗顔前のクレンジングでお化粧をしっかり落とすようにしてくださいね。

クレンジングと泡洗顔、時間がかかってめんどうな人にはw洗顔のいらないタイプも便利↓↓

毛穴のポツポツ、ファンデで隠してない?

こちらの「マナラホットクレンジングゲル」はもう何年もリピートしてますが、おすすめです。

鼻の毛穴のブツブツ角栓をきれいにする方法

 鼻のブツブツざらざらした角栓、いちご鼻状態も気になりますよね!

このポツポツと目につく角栓も、無理やりとってしまっては毛穴が開いて余計に目立ってしまいます。

鼻の角栓も、洗顔同様にコツがあって優しくとってあげなければいけません。

肌を傷めずに鼻の角栓を取るには、綿棒とオイル、もしくはワセリンを使用します。

ベビーオイルでもオリーブオイルでも肌に使えるオイルならどんなタイプでも大丈夫。

まず、洗顔をして肌を綺麗な状態にしたら、綿棒にたっぷりとオイル(ワセリン)を含ませます。

綿棒を横に倒して肌にそわせ、鼻の角栓が気になる部分をやさしくコロコロとマッサージします。

この時も、洗顔と同じく力をいれてグリグリこすったりしないでくださいね。

マッサージするように、そうっと優しく綿棒を転がして汚れをとります。

汚れが取れたらもう一度洗顔をします。(優しく泡洗顔してください。)

オイルが肌に残ったままだと毛穴詰まりや肌荒れの原因になってしまいますので、しっかり綺麗に洗い流してくださいね。

つい集中しちゃって刺激を与え過ぎないように、1度でいきなりとろうとせずに数回に分けて少しづつ綺麗にするようにしてください。

鼻の角栓をとった後のスキンケア方法

鼻の毛穴の角栓をとった後の肌はとてもデリケートになっています。

毛穴が開いた状態でほうっておくとすぐに毛穴が汚れてしまったり、ばい菌が入って炎症を起こしやすくなったりします。

毛穴の角栓をとった後はスキンケアもとても大切。

角栓をとった後の開いた毛穴には、たっぷりと水分補給をしてあげることが必要です。

お肌が潤っていると毛穴もふっくらと自然に閉じてきます。

化粧水を使ってお肌にたっぷりと水分を与えてあげるには、コットンを使ったコットンパックがおすすめです。

化粧水で水分を入れてあげたら、その水分が逃げないように乳液やクリームをつかって蓋をしてあげてくださいね。

エアコンの乾燥や紫外線によっても毛穴は開いてしまいますのでご注意くださいね。

化粧水を小さなスプレー容器に入れてバッグにいれておくのもおススメです。

鼻の毛穴汚れや黒ずみ 角栓のお手入れ まとめ

今回は、鼻の毛穴の黒ずみ汚れやブツブツした角栓のとり方と、毛穴のスキンケアの方法をご紹介しました。

まとめはこちらです。

  1. 鼻の毛穴汚れには優しく泡洗顔
  2. ポツポツ角栓はオイル(ワセリン)綿棒でコロコロ
  3. 角栓とり後の肌にはたっぷり保湿のスキンケア
  4. 乾燥と紫外線による毛穴ひらきに注意

毎日ちゃんと洗ってケアしているつもりでも、いつのまにか汚れてしまう鼻の毛穴の汚れ。

ためてしまうと簡単にはとれないやっかいものです。

でも正しいケアをすることで、少しづつ鼻の黒ずみをなくしていくことはできます。

鼻の毛穴の汚れやブツブツ角栓が気になる方は、ぜひご紹介した方法を試してみてくださいね。

コツコツ丁寧なお手入れで、つるピカの肌をめざしましょう!