美容・ファッション

40代の髪型選び 美容室でのオーダーで失敗しないための注意点は?

ヘアサロン

今朝スマホを立ち上げたら、原田知世さんが話題に上がっていました。

最近の髪型が「ワカメちゃん」みたいで気になってしかたがない、という記事が。

私は「ロマンス」を歌っていた頃とても好きだったので、「どれどれ??」と画像をみに行きました。

おかっぱの女性

*画像を載せられないのですみません・・・。

うーん、やっぱりちょっと「ワカメちゃん」ですね、確かに。

とてもおしゃれな雰囲気のある人ですが、ドラマに合わせてミステリアスな感じをねらい過ぎちゃったのでしょうか?

ほっこり、ふんわりした魅力があまり感じられなくて、確かに違和感を感じます。

ヤフコメをみたら「おでこのしわが気になる」なんて声も多く、原田さんは同年代の中でもとてもお若く見えて可愛らしい方なので、コメントをみて何とも言えない寂しさを感じました。

40代からの髪型、しかも自分に似合う髪型を探すって本当に難しいですよね?

私自身が迷っていることでもあるので、似合う髪型の探し方、美容室でのオーダーの仕方について考えてみました。

私が「おでこ狭い・面長・絶壁」という悩みを抱えていますので、同じような方に少しでも参考になればなーと思います。

40代の髪型選びは難しい 顔のたるみ、白髪

40代を超えてから迷ったのが、「髪切ったほうがいい?このままロングでいい?」

当時、肩から少し下まであったんですね。

髪が多くクセ毛なので、「重さで落ち着かせる」対策をとっていました。

まとまらない時はまとめてバレッタか、シュシュ。

でもですね、これがだんだん似合わなくなってきたんですよー。

こんな理由からでした↓

  1. 白髪が増えてきた
  2. 顔の輪郭がゆるんできた(特にあご)
  3. シュシュが髪飾りが似合わなくなった
  4. 服装が変わった

いくつになってもロングや甘めの髪飾りがバッチリ似合う方もいらっしゃるんですが、私はそういうタイプではなかったようです。

ロングだと髪をおろしても長い白髪が目立つし、まとめても内側に生えてきた短い白髪が光る・・・。

髪がまとまらないのでハーフアップやひとつ結びにすることが多かったのですが、ある時ふと自分の横顔をみたら、けっして太ったわけじゃないのにあごの線がユルユルになっていたんですよ~。

歳には勝てない・・

シュシュや髪飾りなど甘めのタイプは私の顔立ちだと「若作り感」が出てしまい、かといってシンプルゴムでまとめると「疲れた感じ」になってしまう。

服装もふんわりしたスカートやヒールといったコンサバな感じから、シャツにパンツ、デニムに変わってきたことも大きな変化でした。

それで、長年続けてきたロングからショートボブへとチェンジしたのでした。

40代の髪型 オーダー力(りょく)を磨く

これも難しいですよね~。

長年切ってもらっている美容師さんにさえ、「今回はバッチリ!」と感じるのは3割くらいでしょうか。

最後に「今日はこんな感じで。大丈夫ですか?」と聞かれた時、「大丈夫です」と返事はするものの「今回も微妙・・・」と感じてしまうのは私だけではないですよね?

*かといって特に不満があるわけでもないので、結局同じところに行ってしまうのですが・・

最近思うのは「オーダー力(りょく)」って必要だな~ということ。

座っただけでシャーッ!と似合う髪型に切ってくれる、なんてカリスマ美容師さんに当たる確率はそうないですよね?

美容師さんにどんなにいい技術やセンスがあっても、「好み」が合わないかもしれませんし。

最後の仕上げは美容師さんにおまかせするとしても、最低「こういう髪型にしたい、これだけは嫌」という希望を正確に美容師さんに伝える力は本当に大切だと思います。

40代の髪型 面長さんが美容室でオーダーする時の注意点

私が必ずやるのは「画像を持っていく」ということ。

美容師さんによってはチラ見しかしない人もいますが、言葉だけよりずっと伝えやすいです。

今はネットをみれば、いくらでも好きな髪型が探せますよね!

最近よく使うのは「ピンタレスト」です。

画像がとても綺麗だし、気に入った画像を登録しておくと「似た画像」を探し出してくれるので手間がかかりません。

Pinterest – おしゃれな画像や写真を検索|App Store

ダウンロード Pinrerest 無料(android)

 

あとは、「40代 髪型 画像」とかで検索しています。

 

「画像を持っていく」といっても、何も考えずに「この髪型いい~!」だけで選んでしまうとたいてい失敗します。

大切なのは「自分に似たモデルさんを選ぶこと」

画像を選ぶ時に注意すべきポイントがこちら↓

  • 髪質が似てる
  • 顔の形、バランスが似てる(特におでこの広さ)
  • 横からみてわかりやすい写真
  • 首の長さに注意

画像の選び方 髪質が似てる

髪が多くてクセ毛の私が再現できない髪型、本当に多いです。

それでなくてもカットモデルさんは綺麗な髪質の人が多いですしね。

ヘアカタログの髪質チャートなんかに「髪が多い・クセ毛の人向け」って書いてあっても、モデルさんはサラサラの艶々なんてことも多いので、当然同じようにはなりません。

私は「この人髪多そうだな~」という画像を選んだり、あきらかに髪が多いと思われる芸能人やモデルさんの髪型をチェックしたりもします。

画像の選び方 顔の形、バランスが似てる(特におでこの広さ)

面長さんは、おでこが狭い人も多くないですか?

私がまさにそう。

憧れもあってか、「この髪型いい~!素敵~!」と思うのは、たいていおでこの広くてキレイなモデルさんだったりします。

そうやって選んだ髪型を私がやっても「なんか違う??」になるのは、当り前といえば当たり前ですよね・・・。

おでこの広さで顔のバランスはグッと変わってしまうので、面長さんは、同じように面長のモデルさんを選んだほうが再現性が高いです。

これは面長さんに限らず、丸顔さんやすべての人に言えます。

画像の選び方 横顔のわかりやすい写真

ヘアカタログだと横顔写真も出ていますよね。

ひとつの髪型でも、正面からと横からではまったく違うイメージのことも・・。

なので、正面とは別に横からの画像も持っていくとオーダーがしやすいですよ。

「後頭部のどこにボリュームがほしいのか」を伝えるとわかりやすいかなと思います。

トップの部分に高さが欲しいのか、ボブのように丸みを出したいのか、えり足の長さはどうするのか・・・。

40代になると感じるあごの緩みや顔のたるみも、横からのラインひとつでシュッとした雰囲気に変わったりします。

「似合う髪型」は正面ももちろんですが、横顔がきれいにみえることが本当に大切!

横からみたときの希望はしっかり伝えたいですよね。

鼻が高い人、鼻よりあごのラインが目立つ人、顔立ちはそれぞれなので、美容師さんと相談しながら「一番キレイに見える」形と長さで切ってもらいましょう!

画像の選び方 首の長さに注意

最後に忘れてはいけないのが首の長さ!

カットモデルさんは首の長い人が多いです。

ショートカットのモデルさんは特にその傾向が強いように思います。

私は首が短いのですが、そのことに気がつかないうちは「なんか違うけどなぜ~??」って思っていました。

後頭部のボリュームやえり足の長さで首の短さが強調されてしまうこともあります。

美容師さんに「首がスッキリみえるような髪型」を聞いてみてもいいですね。

 

実際にはどんなにしっかり画像を選んでも、そのとおりにはならないのが現実。

希望はできるだけ伝えつつ、どうしたらその髪型に近い雰囲気になれるのか、美容師さんのプロのアドバイスと技術におまかせするしかないですよね。

40代の髪型 美容室での失敗しないオーダー方法まとめ

  1. 美容室にいくときは画像を持っていく
  2. モデルさんは髪質・顔立ちともに自分に似たタイプの人を
  3. 横顔のわかりやすい写真を選ぶ
  4. 希望を伝えつつ、美容師さんのアドバイスも受け入れる

自分の希望をできるだけ正確に伝えつつ、美容師さんのプロとしての意見も参考にする。

そのコミュニケーションが上手くいった時、「似合う髪型」「満足できる髪型」が見つかるのではないでしょうか?

私ももっと美容室でのオーダー力を磨いて、年齢に合った「似合う髪型」を探していきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました
髪の長い女性
髪が硬くて多い私が頭皮の臭い対策にも効果を感じたシャンプーは?「髪が硬い 多い クセ毛で広がる!」 「頭皮の臭いも気になる!」 こんなお悩みのある人に、今使っているシャンプーがとてもいい...
額脱毛でムダ毛をとったら狭いおでこがスッキリ!費用や回数は?昔からず~っと、おでこコンプレックスでした。 おでこが狭い上に富士額、生え際近くまで濃い産毛がびっしり。 化粧ノリは悪い、ど...