身体・メンタル

歯が痛いのは副鼻腔炎かも?ハナノアで鼻うがい予防がおすすめ!

歯が痛い女性

女子ゴルフの渋野日向子プロが急性副鼻腔炎にかかったとニュースで報じられていましたが、3年前の冬に私も体験しました。

この急性副鼻腔炎、それはそれはつらいんです・・・。

この記事はこんな人に向けて書いています↓

  • もともと鼻炎アレルギーを持っていて鼻づまりしやすい
  • 風邪気味になると、粘り気のある鼻が出やすくなる
  • 花粉やダニなどアレルギーがある
  • オレンジ色の鼻水が出た
  • 虫歯じゃないのに歯や頬の痛みが続いている

歯が痛いのは虫歯じゃない?オレンジ色の鼻水

きっかけは奥歯の痛みでした。

ある日、左の上側の奥歯がシクシクと痛み始めたのです。

3か月に一度、歯のクリーニングに歯科医に通っていたのですが、前回の時には虫歯があるようなことは言われていませんでした。

 知覚過敏・・・?

 

水が冷たくなったから知覚過敏なんだろうか、それとも肩こりからくる神経痛だろうか・・・。

どちらにせよ「一時的なものですぐによくなるだろう」最初はそんな風に考えていました。

しかし!・・・2日経っても3日経っても一向によくなりません。

それどころかますます痛みが強くなってきます。

痛い・・。やっぱり虫歯?

これは放置していても治らない!

かかりつけの歯医者さんに向かいました。

先生に事情を話して歯の状態を診てもらいます。

先生

診た限り、虫歯じゃなさそうなんだけどね・・・

続いてレントゲン。その結果を診ても、特に異常はないようです。

先生も首をひねっています。

結局、歯科的には「特に問題がないので、様子をみましょう」ということになりました。

帰ってきても頬からこめかみにズキズキした痛みが続きます。

わけのわからない痛みにイライラがつのるばかり。

気の毒なのは夫です。

いつもなら笑える冗談も、見逃せる些細な行動も、いちいち癇に障ります。

頭痛や歯の痛みがある時って、なんか気持ちまでピリピリしませんか?(私だけ?)

早く良くなってもらわないと俺が困る・・・

 

ふと、最近、風邪気味だったことを思い出しました。

粘り気のある鼻水が多く出ていて、その中にオレンジ色や黄色の粘液がほんの少し混じっていたことも。

もともと鼻炎アレルギー持ちで、しょっちゅう鼻水が出たり、ぐずぐず詰まったりしていたのと、量が微量だったのであまり気にとめていませんでした。

でも、そんな鮮やかな色の粘液が混じったのはそういえば初めてのことでした。

  これ、虫歯じゃなくて風邪からきているのかも・・・

翌日、早速近くの内科に向かいました。

急性副鼻腔炎は何科?

左の歯の痛みが強くて、そういえば最近、オレンジ色の鼻水も出ていたんです・・・
看護師さん

もしかしたら副鼻腔炎かもしれないわー。ここでは診れないから、耳鼻科に行かれたほうがいいですね

 

「ふくびくうえん」

その時の私には聞きなれない病名でした。

言われたとおりに、今度は耳鼻科の医院に向かいます。

先生に痛みの状態を話し、レントゲンをとってもらいました。

先生

あー、やっぱり急性副鼻腔炎だね。ほら、この部分、真っ白にくもっているでしょ。膿がたまっているんだよ

先生が指す部分、左のほほのあたりになるのでしょうか、小鼻の脇から下のあたりでしょうか、確かに白く煙ってみえます。

 これでやっと治療してもらえる・・。痛みから解放される・・・

痛みの原因がはっきりして、とても安心しました。

副鼻腔炎で歯が痛い時の対処法は?

「副鼻腔炎は人にうつったりする?」と心配される人もいるようです。

気になって専門サイトなど調べましたが、「人への感染」について明確に書いてあるものはみつけられませんでした。

ただ、急性の場合はもともと風邪のウイルスから炎症を起こす場合が多いようなので、症状が出てすぐは鼻水などにウイルスがひそんでいる可能性はありますよね。

これは普通の風邪の場合でも同じだと思いますが、鼻水のついたタオルやティッシュなどに人が触れると、ウイルスがうつってしまう可能性も。

私は念のため、鼻をかんだティッシュはビニール袋に入れて密閉してから捨てるようにしていました。

*副鼻腔炎について、症状や治療法などはこちらが参考になります↓

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状と治療

医療法人かくいわ会 岩野耳鼻咽喉科サージセンター

 

耳鼻科での治療は次のようなものでした↓

  • 鼻洗浄(大きい注射器みたいなもので膿を吸い出します)
  • 鼻から薬剤を吸入(耳鼻科でガラス管を鼻にあてて薬剤を吸入する方法です)
  • 抗生物質と痛み止めの服用

耳鼻科には3~4回ほど通ったでしょうか。その度に鼻洗浄をしてもらいました。

(注射器に入った洗浄液を鼻から流し込まれるのですが、何度やっても慣れなくてむせましたね・・・)

副鼻腔炎で歯が痛いのはいつまで?

痛みは思ったより長く続きました。

ネットで調べると、痛みが続くのは2週間くらいという方が多かったのですが、私は3週間過ぎてもシクシクした痛みが続きました。

治るまでの期間にはかなり個人差があるようです。

耳鼻科の先生からは「まだ痛い?膿はもうほとんど残っていないよ」と言われていたので、「本当に良くなるんだろうか?」と不安になることも。

何をしていても痛みのことが忘れられずに精神的にも辛かったです。

結局、1か月を過ぎてようやく痛みは治まりました。

なかなか良くならないので不安でした

副鼻腔炎にはハナノアがおすすめ

副鼻腔炎を予防するために、気をつけていることはこちらです

  1. 鼻やのどの粘膜を乾燥させない
  2. 疲れをためずに睡眠をしっかりとる
  3. 風邪をひいたら長引かせないよう注意
  4. 鼻水に粘りが出てきたらすぐ病院へ
  5. 外出先から帰ったら鼻うがいをする

「あんなつらい痛みは2度と味わいたくない!」

風邪の季節には体調管理にかなり気を使うようになりました。

耳鼻科で何回かやってもらった「鼻うがい」がとてもスッキリしたので、自宅でも取り入れています。

鼻うがいというと、インド式の「ネティポット」が有名です。

お茶を入れるのと同じようなポットに生理食塩水(0.9%くらいが理想)を入れ、片方の鼻腔に入れて反対側の鼻腔から出すという方法。

ちょっと初心者にはハードルが高いです。

(ヨガの先生は、『慣れてしまえば簡単ですよ~』と言っていました。)

 

なので私はドラッグストアで市販品を購入。

「ハナノア」という商品です。

自宅で生理食塩水を作ってもいいのですが、煮沸消毒して冷ましたお湯を使うなど手間がかかるので、洗浄液も市販品を使っています。

  1. 洗浄液が冷えていると痛みを感じることがあるので、人肌くらいに温めます。
    (私は洗浄液を入れた容器ごと、水道から出したお湯にしばらくつけています)
  2. 下を向いて片方の鼻の穴にスポイトを差し込み、容器を押して中の洗浄液を入れます
    (必ず洗面台の上で!けっこう勢いよく入ります)
  3. 「エ~~~ッ」と声を出しながら洗浄液を外にだす。
    反対側の鼻と口、両方からダラダラ出てきます。
  4. 反対側の鼻も同じように洗浄。

洗浄液にミント成分が入っていることもあり、終わった後はスッキリ爽快!

私はちょっとした鼻づまりならすぐに解消してしまいます。

鼻うがいには注意事項もあります!

  1. 上を向きすぎて勢いよく入れてしまうと耳のほうに洗浄液が流れていくことも。中耳炎の原因になるので、慣れないうちは下を向く方法で行う
  2. 洗浄液を吸い込んでしまうと耳を痛める。「エ~~ッ」と声を出しながら、ゆっくり行うのがコツ
  3. やり過ぎないこと。外出先から帰った時など1日2〜3回
  4. 鼻づまりや風邪で炎症の強い時はしない。あくまで予防法の一つなので、炎症がある時は医者に行く

私が使っているのを見て、夫も使い始めました。

風邪をひきそうな時期には1日1度、必ず行うようにしています。

鼻うがいの効果が現れているのか、この2年間は副鼻腔炎にもかかっていません。

洗浄液の購入代など費用はかかってしまいますが、あの副鼻腔炎の歯や頬の痛みを思うとそれも致し方ないと思います。

自宅で生理食塩水を作る方法もあります。

これからの季節、風邪予防、インフルエンザ予防のためにも鼻うがいはぜひおススメします!

予防が大事ですね

【生理食塩水の作り方】

  1. 煮沸消毒して冷ました水(精製水でもOK)1ℓに9gの食塩を入れて溶かします。
  2. 清潔な容器に入れます。
  3. 雑菌がわかないよう作り置きにはせずに、毎回新しいものを作ってください。

私が使っているのはこちらのタイプです。

慣れてきた方にはこちらのタイプもあります。

洗浄液はこちら。ミント成分で鼻の詰まりもスッキリします。

最後までお読みいただきありがとうございました。