ライフ・イベント

お年玉の相場 親戚の子や赤ちゃんは?渡す時のマナーも知りたい!

お年玉ぽち袋

もらう立場だったときは、ただ嬉しかったお年玉。

大人になってあげる立場になったとき思うのは、お年玉って結構な出費なんですよね・・・

「あの頃、おじさんやおばさん達、大変だったろうな~」としみじみ感じたり、今の自分の懐具合を思って切なく感じたり。

親戚づきあいが多いと尚更大きな出費になってしまうお年玉ですが、一体いくらあげればいいのか毎年悩みませんか?

結婚式のご祝儀以上に、お年玉って金額があいまいですよね。

もし相場が決まっているのならばあまりに少ない金額をあげるわけにもいかないですし、かといって余裕もないのに必要以上に多くあげることもないですしね・・・

今回は、親戚の子にあげるお年玉の相場と、いつまでお年玉をあげればいいのか、赤ちゃんの場合はどうするのか?やお年玉を渡す時のマナーについても調べました。

お年玉の相場 親戚の子や赤ちゃんは?

一般的に相場と言われるお年玉の金額をいろいろ調べてみたところ、多くの方がこのくらいの金額を包んでいるようでした。

赤ちゃん 1,000~2,000円
幼稚園児 1,000~3,000円
小学生(低学年) 1,000~4,000円
小学生 (高学年) 2,000~5,000円
中学生 3,000~5,000円
高校生 5,000~10,000円
大学生 10,000円

こちらには「赤ちゃん 1,000〜2,000円」と載せましたが、「乳幼児にはあげてない」という方も多くいらっしゃいました。

「あげてもわからないから」という理由が大きいようです。

あげる派の意見としては、「なにも渡さないのも愛想がないから」「なにかしてあげたいから」という声がありました。

赤ちゃんや幼稚園児などの未就学児は自分で買い物に行って何かを買うことはないので、親御さんに「お菓子やおもちゃを買う時の足しにしてね」ということで1,000〜3,000円くらいの金額がちょうどいいのでしょうね。

小学生になると、友達と遊びに行ったり自分の欲しいものがわかって来る頃です。

低学年のうちはまだ高額なものを欲しがったりはしないと思うので、お菓子や文房具が買えるくらいの金額。

高学年になるとゲームなどが欲しくなってくるので、ゲームを買う時に足しになるような金額。

中学生になると、友達と買い物に行ったり欲しいものがあったりして、それをお年玉で!と楽しみに考えている子も多いので、お友達と映画に行ったり買い物に行けるくらいの金額がいいですね。

中学生くらいまでは、まだお金に対してぼんやりとした価値観しか持っていない子が多いと思うので、相場といっても人それぞれだなというのが印象です。

高校生以上になると、5,000円~10,000円を包むケースが多いようです。

高校生だと自分でバイトをしている子も多いですし、お金の価値や使い方がもうわかっていて交友関係も広がってきているので、お年玉でしたいことがいろいろある年齢です。

私が高校生だった30年前、やはり5,000円~10,000円くらいもらった記憶があるので、相場的にはあまり変化していないのかもしれませんね。

大学生になっても10,000円を渡すケースが多いので、一般的に親戚の子へのお年玉なら上限は10,000円と考えてよさそうです。

お年玉は親戚づきあいの一つ?

お年玉は子供にあげるもの、とはいってもやはり親戚づきあいの一つなので、その親との関係性でも大きく変わってきますよね。

親戚家族でお互いに子どもがいてお年玉をやり取りする場合は、2つのパターンがみられます。

  • 子どもの数や年齢関係なく、それぞれの家庭の出費額が同等になるように調整
  • 子どもの年齢によって、親同士が金額の取り決めをしている

子どものころ、うちの家庭では「親戚からのお年玉は一度親に渡す」という暗黙のルールがありました。

親は金額を控えて次の参考にしたり調整したりと、いろいろ「大人の事情」があったんだろうと思います。

その後、預けたお年玉がまた手元に戻ってきたかどうだったかはよく覚えていないのですが・・・笑

子どもながらに「親戚付き合いって大変なんだ」と思ってました。

お返しに気を使わない祖父母からのお年玉は、そのまま「ありがとう〜!」で自由に使わせてもらった記憶があります。

こんな風に、お互いが似たような立場や状況でやりとりがある場合はそう難しくないのですが、迷うのはお年玉をもらうような子どもがいない時。

お正月に挨拶程度に会うくらいの間柄の子、というのが一番どうしたものか迷います。

お年玉は「気持ち」なので、必ずしも相場通りにあげなければいけないというわけではありません。

「普段交流がなければ、特にあげていません」という人、「お金で渡すと親がお返しに困るので、お菓子などちょっとしたお土産を渡している」という人もいました。

「図書カードあげてます」という人もいて、なるほどお金ほど気を使わないし、相場うんぬんもあまり気にならないし・・・ということでいいアイディアだと思いました。

もらう子供の側としたらやっぱりお金のほうが嬉しいのかな?とも思いますが、ふだんから頻繁に交流がないなら「お金にかわるもの」で渡すのも気負わなくていいですよね。

そのあたりはふだんの関係性などを考慮して、金額や渡す物を決めるといいですね。

お年玉いつまであげる?何歳まで?

 お年玉として渡す金額の相場についてお話しましたが、一般的にいつまで渡すものなのでしょうか?

お年玉を渡す年齢として多かったのが、「成人するまで」と「就職するまで」でした。

一般的に、親戚の子だったら社会人になるまでお年玉を渡すという人が多いようですね。

急にもらえなくなってがっかりすると可哀想だから・・・という理由で「今年で最後だけどもらってね~」と一言そえてあげてる、という人もいました。

おじいちゃんやおばあちゃんだと、いくつになっても可愛い孫にお年玉をわたしている!という人もいるので、「何歳まで」という決まりは特になく「気持ち」の問題のようです。

お年玉は新札がマナー?お金の折り方や入れ方

 お年玉を渡す時のマナーとして「新札」というのが一般的なようですが、あまりこだわらないという人も多いです。

昔は今ほど「お年玉に新札」とかあまり言わなったような気がするのですが、最近特にそういう傾向になってきたのでしょうか?

実はお年玉の渡し方って他にも細かいマナーがあるんですね・・・

  • 新札を用意
  • ポチ袋にいれる
  • 紙幣は肖像画を内側にして左から右に3つ折りにする
  • ポチ袋には宛名を書く

今は100円ショップにも子供が喜びそうな可愛いポチ袋がたくさんあるので、渡すことがわかっているならあらかじめ用意しておくほうが慌てなくていいですよね。

急に親戚家族が年始の挨拶にきて、いきなりお年玉を渡さなければいけなくなった時。

新札もなければポチ袋もない!という場合は慌てますよね!

お金を裸のまま渡すのはよくありませんので、そんな時はティッシュや包装紙を切ったものに包んであげるようにしましょう。

「ちゃんとした袋がなかったからごめんね!」とひと事添えてあげればいいですよね。

実際には、もらった子どもは新札かどうかなんて気にしないと思いますので、どちらかと言えば親御さんに向けた言葉ではあるのですが・・・

お年玉を渡すタイミングは大切

お年玉を子供に渡す時は、必ず親の目の前で渡すようにします。

子どもがみんな、もらったお年玉を親に報告するかどうかはわかりません。

あげるほうも「ちゃんと親に伝わったかな?」と気になりますし、子どもの親も自分の見ていないところで子どもがお年玉をもらっていて、気づかなくてお礼も言えなかった!というのは後で恥ずかしい思いをすることになります。

お金のやりとりで双方が悶々としてしまうのはいけませんので、渡す側がタイミングを見計らって子どもにお年玉を渡すよう気を配りましょう。

お年玉の相場からマナーまで まとめ

お年玉をあげる時の金額の相場や、お年玉をいつまであげるべきなのか、お年玉をあげる時のマナーやタイミングなどについてご紹介させていただきました。

こうして相場やマナーを知っておくと、お年玉をあげる時に迷うことが少なくなって安心できますよね。

お金が関係するので親戚づきあいや親との関係など大人の事情も切り離せない「お年玉」ですが、本来の意味は「新年に神様からの賜り物を子どもたちに分け与える」ということ。

新しい年の始まりを祝って、子どもたちにも健やかで幸ある一年を送ってもらいたいと願う意味が込められています。

せっかくのお年玉、子ども達にも喜んでもらって気持ちよく新年のスタートを切りたいものですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。