ライフ・イベント

モズを百舌鳥と書く由来とはやにえの理由を、とっても簡単に説明!

百舌鳥とさくら

百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録が決定したということで、地元の大阪堺市が盛り上がっていますね!

「百舌鳥(もず)」と聞いて真っ先に頭に浮かんだのは、むかし教科書でみた「モズのはやにえ」の写真でした。

(今も載っているのでしょうか?)

恥ずかしながら、これまでモズを「百舌鳥」と書くことすら知らなかった私。

音読すれば2文字なのに、漢字表記だと3文字になるのも不思議ですよね?

そこで今回は、(私も知らなかった)「百舌鳥」の名前の由来とはやにえ行動について調べてみました!

モズを百舌鳥と書く由来と表記の理由

モズはススメ目モズ科モズ属(ややこしい)に分類されているとおり、遠目でパッとみると素人目にはスズメと間違えそうな色あいをしています。

モズ

実際にはスズメよりもちょっと大きい20センチ、丸っこくてしっぽが長いのが特徴です。

モフモフして可愛いですよね!

日本全国どこにでも生息していますが、北のほうに住んでいるものは南のほうに下りてきて繁殖期を過ごします。

基本的には同じ地域にとどまって生息する「留鳥」(渡りをしない)になります。

このモズ秋によく鳴くんですが、実にいろいろな声を持っていて、他の鳥の声を真似て鳴いたりする才能まであるんです。

この多彩な声色から、「百の舌をもつ鳥」ということで「百舌鳥(もず)」と名付けられたと言われています。

実際のモズの声が聴けるサイトをみつけました!

さえずりナビ

でも「もず」だと漢字2文字でよさそうですよね?

もともとはモズを「百舌」と2文字で表記していたのですが、この文字をみただけだととってもわかりにくいということで、「百舌」=「鳥」→「百舌鳥(もず)」と表記するようになったようです。

なるほど・・・。

百舌鳥のはやにえって何のための行動?

「モズのはやにえ」を知らない方のためにこちらをどうぞ・・・・※閲覧注意です!

モズのはやにえ

いきなりこんなの見たら「ギャーッ!」ですよね・・・。

はやにえは「早贄」と書きます。「いけにえ」の文字だけでもこわいですね。

かわいい顔なのに、こんなことするなんて想像できません。

モズは雑食なので、虫やカエルなんかも食べます。

で、獲ったエモノをすぐに食べてしまわず、こうして木の枝にさして大切にとっておくんですね。

一見残虐なようなこの行為から、昔はモズは不吉な鳥とみなされていて、鳴き声が聞こえる夜は死人が出るなんて恐れられていました。

この「もずのはやにえ」行為、理由はモズの繁殖期に関係があるようです。

パートナー探しを行うのが春先のまだまだ寒い時期。

とうぜん食べるものも少ないので、冬の前にとっておいた「はやにえ」を食べて栄養をつけるという保存食としての役割があるのです。

そしてもう一つ、保存食を食べて栄養をたっぷりとった雄は、繁殖期にハリのあるいい声で鳴くことができるので、モテモテでお嫁さん探しに苦労しなくなる、という理由も言われています。

子孫繁栄めざして自分を磨くために、寒くなる前にせっせと保存食づくりに励むのかもしれませんね!

実はもう一つ説があって、自分の存在を他の鳥に知らせるための「縄張り」の意味もあると言われています。

雪が降っても埋もれてしまわないような位置に獲物を置いておくことから、昔の人は「はやにえ」の位置でその年の降雪量を予想したりもしたそうです。

でもモズの中には、数か月の間に自分がさしておいた獲物のことをすっかり忘れてしまって放置してしまう雄もたくさんいるとか・・・。

犬が骨を庭に埋めて忘れてしまうような感じでしょうか?

放置している間に、他の鳥に食べられてしまうことも多々あるようです。

このことから、忘れられがちな物事のことを「百舌のはやにえ」なんて言い方をすることもあるようです。

しっかりしていそうで抜けているところも、ちょっと可愛いですね。

大阪堺市百舌鳥古墳群の名前の由来は?

ここで気になるのが、世界遺産登録された大阪堺市の百舌鳥・古市古墳群。

なぜ「百舌鳥」の名前が入っているのでしょうか?

こちらは堺市のホームページに地名の由来が載っていました。

【百舌鳥(もず)】

百舌鳥の地名は「百舌鳥古墳群」の名で、全国的によく知られています。

日本書紀に次の有名な話が見えます。『仁徳天皇が、河内の石津原(いしつのはら)に出向いて陵の造営場所を決め、工事をはじめたところ、突然、野の中から鹿が走り出てきて、工事の人たちの中に飛びこんで倒れて死んだ。不審に思って調べてみると、鹿の耳から百舌鳥が飛び出し、鹿は耳の中を食いさかれていた。このことから、この地は百舌鳥耳原と呼ばれるようになった。』百舌鳥や鹿のことは、百舌鳥耳原という地名が先にあって、それを説明するために後で考え出された、地名起源説話の一つだと思われますが、これから見ると、このあたりは大昔は石津原と呼ばれていたようです。しかし、いつ頃から、また、なぜ百舌鳥と呼ばれるようになったのか、よく分かっていません。

「もず」の字は「万代、毛受、毛須、裳伏、藻伏」とも書かれてきました。

引用:地名の由来が知りたいんだけど?|堺市

世界遺産登録ということで、観光にくる人も増えそうですね!

今回はちょっと気になったモズ「百舌鳥」の名前の由来、モズのはやにえ行動について調べてみました。

もし、近所の木の枝で恐ろしい光景を目にしても・・・・、「あぁ、だいじにとってあるんだな。忘れるなよ~!」と思って温かい目で見守るようにしたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。