ライフ・イベント

もみじとかえでの違いは?紅葉と書く理由や紅葉狩りの由来も説明!

紅葉したカエデ

紅葉(もみじ)と楓(かえで)の違い・・・これ分かりますか?

小さいサイズが「もみじ」で大きいのが「かえで」?(※違います)

とーーっても怪しいので、ちょっと調べてみました。

「紅葉」と書いて「もみじ」と呼ぶ理由や紅葉狩り(もみじがり)の言葉の由来も気になったので、合わせてご紹介します!

もみじとかえでの違いは何?

「もみじという植物」と「かえでという植物」、姿かたちが似ている植物が2つあるんだよね?どうやって見分けたらいいの?何が違うの?

これが、「もみじとかえでの違いは何?」の質問の意図ですよね。

結論からいえば、「もみじ」と「かえで」に違いはありません。

「別の種類の植物」という認識がそもそも誤ってるんですね。

私達が一般的に「もみじ」と呼んでいるのはこういう葉の形を持つ植物だと思います。

もみじで、こちらが一般的に「かえで」と呼ばれているもの。

???・・・確かにちょっと見た目は違いますよね。

よく見ると、下の葉は切れ込みが短くてギザギザの数が多く、ちょっとグローブのような形をしています。

この2つは違う植物のように扱われることも多いのですが、どちらも植物の分類上は同じ「カエデ科カエデ属」、つまり、上の「もみじ」と呼ばれている葉も「かえで」なんです。

単に「もみじ」と「かえで」は何が違うの?、という質問だと「いいえ、同じものですよ」という答えになるというわけです。

もうちょっと細かくいうと、上の写真の植物の名前は「カエデ科カエデ属のオオモミジ」、下の写真は「カエデ科カエデ属のハウチワカエデ」になります。

つまり正式にはどっちも「かえで」なんですが、盆栽や園芸の世界では、カエデ科カエデ属の中でもイロハカエデ(イロハモミジ)・ヤマモミジ・オオモミジを「もみじ」と呼ぶ習慣があって、その他を「かえで」と呼んで区別するそうです。

そういうこともあって、私たちも自然に「もみじ」と「かえで」は違う植物のように認識してしまったのかもしれませんね。

専門的なお話になったので、参考にこちらのサイトをご紹介しておきます↓

カエデの種類をもっと細かく知りたい方はご覧になってみてくださいね。

もみじを紅葉と書く理由

「かえで」の一部が「もみじ」と呼ばれるようになった理由と、紅葉を「もみじ」と呼ぶ理由にはつながりがあるようです。

秋になって赤く色づく植物のことを「紅葉(こうよう)する」といい、いちょうのように黄色くなるものは「黄葉(こうよう)する」と言いますよね。

昔は、植物で布を染める染め物はとても貴重な品でした。

水の中で植物を揉むことで色素を出し作業をしていく中で、その色素が黄色や赤に変化していく様を、秋に紅葉する山々の風景に照らし合わせたようです。

この「揉んで(色を)出す」=「もみつ」=「紅葉・黄葉」の意味につながっていったと言われています。

※秋になって冷たい雨水にさらされて揉みでてくる(もみつ)色だから・・・という説もありました。

そして、「紅葉・黄葉する」という意味の「もみつ(ち)」が時代とともに転じて「もみづ(ず)」になって、最終的に「もみぢ(じ)」になったようです。

万葉集の中にはこのような歌も残っています。

「我が衣 色取り染めむ 味酒 三室の山は 黄葉(もみち)しにけり 」

古今集の中のこちらは、百人一首でも有名な歌ですよね・・・

「奥山に 紅葉(もみぢ)踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき」

「もみじ」という言葉は、秋になって樹木が赤や黄色に変化している様子そのものを表す言葉なので、ひとつの葉っぱの種類をさしているわけではないのです。

本来の意味と、一般的な使い方が少しズレてしまったということです。

「紅葉(こうよう)する」とは言うけど「紅葉(もみじ)する」とは言いませんしね。

何気なく使っているけど言葉って難しいです。

そして、私達がよく目にするこの形の「カエデ」を「紅葉(もみじ)」と呼ぶようになった理由ですが・・・

もみじ毎年秋に紅葉する植物の中でも、ひと際赤くキレイに紅葉していたのがカエデ。

当時その美しい光景が人気だった高野山に多く生息していたのが、カエデ科の中のこの種類(上の写真)でした。

そこから、この種類のカエデのことを「紅葉(もみじ)」と表記されるようになったと言われています。

ちなみに「かえで」の由来は、「蛙の手」に似ていることからきています。

赤ちゃんの手のことを「もみじ」に例える言い方もありますよね。

紅葉狩りの名前の由来は?

きれいな紅葉を観に行くだけなのに「狩る」って言い方はちょっと変わっていますよね?

調べてみると、こちらも諸説あるようです。

  1. 紅葉の季節、宴を開きながら実際にウサギや野鳥をとる狩りをしていた
  2. 紅葉の季節、実際に紅葉した葉をとって持ち帰っていた
  3. 平安時代、狩りを嫌った貴族たちが紅葉を鑑賞しながら歌を詠んで楽しんだ

どれもありそうな気がしますよね。

個人的には、狩りは紅葉の季節に限らずいつでもできるような気がするので・・・

貴族たちが紅葉をみながら歌遊びなどを楽しみ、帰りに落ちている綺麗な葉を数枚持ち帰って屋敷に飾ったりもしたのではないかと。

私も綺麗に色づいた落ち葉を拾って帰ったり、押し花にしたりしますしね!

そんなことから「梨狩り」「りんご狩り」と同じように「紅葉狩り」と呼ばれるようになったのではないでしょうか?

それにしても「紅葉狩り」って、とても綺麗な言葉ですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

植物の専門的な分類のことや、日本語の語源に関することもあってちょっとややこしかったですね。

今までは何をみても「あ〜、もみじだ!綺麗だわ~」しか思わなかった私ですが、次に紅葉狩りに出かけた時には、葉の形なんかもしっかり注目して楽しんでこようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。