恋愛

都合のいい女になりがちな5つの心理 悩むだけの恋愛はもうやめる!

彼は私のことをどう考えているんだろう?

誘われて食事に行ったり部屋に行ったりする関係は続いているけど「付き合っている」とはまだ言えない状態。

タイミングをはかりながら迷いながら電話をしても、適当にあしらわれるような態度で「また連絡します」という素っ気ない言葉・・・

すごく好きになってしまった相手からぞんざいに扱われるって、本当につらいですよね。

もしかしたら、彼にとって「都合のいい女」になっていませんか?

相手との関係に悩んで毎日がつらいなら、そろそろ結論を出す時がきているのかもしれません。

都合のいい女になりがちな心理 関係を冷静にみれない

誰も自分から「都合のいい女」になる人はいないと思います。

後から振り返って「あの時は完全に都合のいい女になってたな」と分析できても、必死で悩んでいる時は2人の関係を冷静にみることができません。

悩みながら頑張っている時は、「まだ発展途中でこれから2人の関係が変わっていく」ような気がしてしまうものです。

あなたの真剣な気持ちを知っていながら中途半端な態度やぞんざいな扱いを続けているとしたら、彼はとても不誠実な男性だし、気持ちをささげる価値はないと思います。

女性に対しても自分自身に対しても誠実に向きあう男性なら、あなたがどんなに彼を好きで、どんな心理状態に陥ろうが、それを利用するようなことはしないからです。

きっともっと早い段階、あなたがこんなに悩むようになる前に、2人の関係が発展しないことをはっきり告げてくれるはずです。

でも不誠実な男性は、あなたの「都合のいい女になりがちな心理」に甘えてずるずるとした関係を続けようとします。

そこまで打算的ではなくても、ものすごく優柔不断な男性だったとき、どれだけ時間をかけても結論を出してくれない場合も。

そんな負の関係を断ち切るには、冷静に自分達の関係をみつめて「都合のいい女になりがちな心理」からあなたが抜け出す決心をすることが一番です。

都合のいい女になりがちな心理 希望を捨てられない

すでに単なる友人以上の関係になってしまっているのに、彼はいつまでも「好きだ」とか「付き合おう」とか言ってくれない。

でも、好きだという気持ちが大きければ大きいほど、どんな小さな希望も捨てられませんよね。

「このまま相手を想い続ければ、いつかは本当に好きになってくれるかも」

・・・どれだけ待っても今以上の関係になれる可能性は低いです。

ちゃんとした誠実な男性なら、早い段階できちんとした態度を示してくれるからです。

すでにあなたが傷ついているなら、これからも傷つけられるだけの関係が続いていきます。

育てるだけの愛情を、おそらく彼はあなたに持っていません。

「そこに愛情があるかどうか」って、相手とのやりとりでなんとなく感じますよね。

それを感じないから、きっと焦ったり迷ったり悩んだりしてしまうんです。

それでも誘ってくるなんて、彼はとても残酷なことをしていると思います。

都合のいい女になりがちな心理 重い女だと思われたくない

「とにかく彼に嫌われたくない」と思って、彼からの要望に素直に応えようとしていませんか?

「こんなことを言ったら重い女だと思われるかも」「もう会ってもらえないかも」と言いたいこと、聞きたいことを我慢してしまう。

「私はあなたの何?」「この先はどうなるの?」・・・そのひと言が聞けない。

自分以外に会っている女性がいるのか、聞きたくても聞けないのではありませんか?

彼の顔色をみて、平気なふりをして行動しているなら、本当に逆効果です。

あなただけが我慢しているような関係、たとえ無意識にそうしていたとしても、彼の顔色をうかがっている限り、彼はあなたを自分と対等な関係としてみてくれません。

「何も聞かない女=いい女」が成り立つのは、お互いに信頼関係があって女性にも余裕があるとき。

信頼関係がないのにそれをやったら、彼にとっては単に「都合のいい女」になってしまいます。

もっと自分に自信を持って、彼に言いたいことを言ってくださいね。

あなたが今の関係に悩んでいること、ちゃんと彼に伝えてください。

もしそれで関係が終わりになったら・・・

その時は辛いでしょうが、答えの出ないことに悩み続けるよりずっとよかったと思える時がきます。

悩んで傷ついてまで、彼の機嫌をとる必要はないと思います。

都合のいい女になりがちな心理 かけひきができない

「恋愛にかけひきはしたくない」「計算はしたくない」「好きなのに気のないふりはできない」

なかなかこない連絡を毎日待っているし、彼との予定を最優先、急な連絡でも喜んで会いにいく・・・

ずっと待っていた連絡がきた時は、本当に嬉しくてたまらないですよね。

たとえ先約があったとしても、無理してでも彼に会うことを選んでいませんか?

いつも急な呼び出しに応じていたら、彼はそれが当り前だと思ってしまいます。

「私に会いたいと思ってくれたんだから」

でも、本当にそうでしょうか・・・

彼があなたに愛情を感じているなら、長い間、連絡もなしにあなたを放ってはおかないはずです。

気まぐれのように連絡がきて、突然にもかかわらず、あなたは断ることなく毎回応じてしまう・・・

もしかしたら、彼はあなたに連絡する前に、誰かを誘って断られただけかもしれません。

たまたまその日、連絡がついたのがあなただけだったのかもしれません。

彼の勝手な呼び出しに、毎回つきあう必要はないのです。

あなたの大切な時間を、すべて彼を待つための時間にしてしまうはもったいないです。

会えない間はあなただけの時間を大切にして、急な呼び出しの時は「今日は予定があるから無理」とはっきり言えるくらいの関係にしましょう。

都合のいい女になりがちな心理 意地をはってしまう

友人に「もうやめなよ」と言われても「彼にも優しいところがある」「好きなんだからいいの」と素直に受け入れられない状態になっていませんか?

自分の気持ちや存在を否定されたようで、つい意地をはって強がってしまう。

でもその間にも、大切な時間をどんどんムダにしているかもしれません。

変な意地やプライドを捨てて、信頼できる友人に「今のあなたがどう見えるか」はっきり言ってもらい、素直に受け止めてみることも大切だと思います。

都合のいい女になりがちな心理 まとめ

「恋愛は好きになったほうが負け」という言葉があります。

だからといって、明らかに不誠実な態度をとられているのに頑張り続けても先がありません。

相手の気持ちは「自分が頑張れば変えられる」というものでもないですしね・・・

ちょっと時間を戻して、振り返ってみてください。

出会いの瞬間には、あなたと彼との関係はまだいろんな可能性があったはずです。

本命の彼女にはならなくても、楽しい友人として時々食事にいったりする関係も持てたかもしれません。

もっと時間をかければ、彼の人間性をじっくり観察することもできたかもしれないし、「本気で好きになるだけの人ではない」と気づけたかもしれません。

すでに決まってしまったポジションを逆転させるのは本当に難しいし、そもそも彼が縁のある相手ではなかったということ。

それだけ好きになってしまうと忘れるのも辛くて時間がかかるかもしれませんが、それならなおさら結論は早く出したほうが先に進むことができます。

2度と会えなくなった当初は本当につらいです。

1日が長くて、何度も彼のことを思い出してしまう。

でもどんなに辛い失恋でも、多くの人が3年以内には立ち直れるというデータもあります。

どうして「都合よく」扱われてしまった?

自分の相手を見る目がなかった?

自分の行動にも原因があった?

1人になって悩んで迷って過ごした時間は、次の恋愛に絶対に役に立ちます。

今の彼とうまくいかなかったということは、まだ知らない誰かと新しい可能性が広がったということ。

「いいな」と思える人に出会えたら、同じ失敗を繰り返さないようにすればいいのですから・・・

相手のこともしっかり見て、あなたのこともちゃんと見てもらってくださいね。

愛情よりも先に信頼関係を育てることに時間を費やせば、「都合よく扱われているかも」と不安に思うような関係にはならないはずです。

これから出会う誰か、もしかしたら気がつかないだけでずっとそばにいた誰かに何か感じるものがあったら、その時はゆっくり時間をかけて進んでいってくださいね。

「あの時のつらい気持ち、無駄じゃなかったな」と思える時がきっときますよ。