ライフ・イベント

雨の日の洗濯物どこに干す?室内干しで早く乾かす方法と場所づくり!

室内干し

ジメジメ雨の日が続くと一番困るのが洗濯物・・・

汚れものは毎日出ちゃうし、お天気の回復を待ってはくれません。

そんな雨の日、洗濯物はどこに干していますか?

いつものように屋根付きベランダ干し?

それとも室内干し?

どちらがより早く綺麗に乾かせるのか、少しでも速く乾かすコツ、便利なお洗濯グッズについてもご紹介します。

雨の日の洗濯物どこに干す?ベランダ?室内?

結論からいえば、雨の日の洗濯物は「室内干し」のほうが早く乾きます。

屋根があるベランダで直接濡れるようなことがなくても、雨の日の外気は湿度がとても高い状態。

洗濯物の湿度と外気の湿度が同じように高ければ、水分が外に抜けずにいつまでたっても湿ったままということになります。

「雨が降っていても風があれば乾くのでは?」とも思いますよね。

洗濯物の乾く大切な条件は「空気の流れ=風」なので、風にあてることで少しは乾くかもしれません。

でも小雨の中で完全に乾かすことは難しいですし、生乾きのまま長い時間外に出しておくことで、雑菌がわいて臭いが発生する原因にもなります。

また直接濡れているように見えなくても、細かい雨は風にのって洗濯物にも降りかかっています。

雨って一見透明なようにみえても、実は大気中のいろんなチリやホコリ、雑菌などが多く含まれているんです。

せっかく洗ってきれいにしたのに、雨の中の汚れがまたついてしまっては悲しいですよね。

そんないくつかの理由から、雨の日は外でベランダ干しをするよりも、最初から室内で乾かしたほうが早く綺麗に乾かすことができるというわけです。

洗濯物の室内干しを早く乾かす方法は?

「雨の日は外のベランダより室内干しがいい」といっても、やはり対策をしっかりとることが大切です。

先程もお話したように、洗濯物を早く乾かすのに欠かせないものが「風」。

そこで、室内干しをする時にぜひ使っていただきたいのが、除湿器と扇風機、サーキュレーターです。

洗濯物がつねに軽く動くように扇風機やサーキュレーターで風を送りつつ、そばで除湿機をかけることで、雨の日でも洗濯物を素早く乾かすことができます。

この「扇風機+除湿器」というのは本当によく言われていますが、実際にやってみるまでは私も本当に乾きが早いのか半信半疑でした。

こちらは、現在使用しているサーキュレーター。

サーキュレーター

そして、コロナの除湿です。ブィーンという振動音が下に響くといけないので、マットを引いています。

除湿器雨の日に4時間タイマーでかけていましたが、こんなにたっぷり水がたまりました!

雨の日もかかわらず、洗濯物がパリパリに乾きましたよ!

除湿器の水除湿器がなければ、この量の水分が洗濯物や部屋にとどまっていたのかと思うと・・・ちょっとこわいくらいです。

除湿機をかける時は、外の湿気が入ってこないように窓をしっかり閉めることも忘れないでくださいね。

洗濯物の下に新聞紙をひいて湿気を吸わせるのも、多少なりとも効果があります。

除湿機がない時は、エアコンのドライ機能を活用するという方法も。

ただエアコンのドライ機能は部屋の温度を下げて空気を冷やしてしまいますので、洗濯物が少し乾きにくくなってしまうんです。

(洗濯物は適度に室温が高いほうが乾きやすいです。)

外気が20度以下だとドライ機能が動かないこともあるので、季節によっては使えない期間もありますよね。

電力消費もエアコンのドライ機能のほうが大きくなりますので、「洗濯物の除湿をしたい」という目的なら、除湿機能に特化していて一年中使用することができる除湿器の方をおススメします。

最初に購入するときの費用や電気代※は確かにかかりますが、雨で洗濯物がたまって作業が進まなかったり、部屋干しで臭いが出てしまうことを考えれば、決して高い買い物ではないと思います。

コロナ 衣類乾燥除湿機

※現在使用しているコロナ製の除湿器で、電気代は3~5円/1時間くらいです。

部屋干しのスペース対策 おすすめ物干しグッズ

雨の日に部屋干ししたいと思っても、賃貸だったりするとスペースの問題がありますよね・・・

うちもせまい間取りの賃貸なのですが、折りたたみ式の物干しスタンドを窓際において利用しています。

広げた時は確かに部屋がせまくなりますが、邪魔だったのは最初のうちだけで、今はもう慣れました。

目につく時間が長いので、気に入ったデザインであまり圧迫感のないタイプのものを選ぶと部屋がスッキリしてみえます。

折りたたんだり運んだりもしやすいように、「軽量」というのも重要なポイントです。

こちらのピンチハンガーを使っていますが、とてもしっかりとしたつくりで丈夫です。ピンチが本当にからまないのでストレスがありません。シンプルなデザインで部屋にもなじみます。

物干しスタンドを置くスペースもとれないという時。

よくカーテンレールに吊ってしまいがちですが、あれは本当におすすめしません。

重さでレールが落ちてしまう可能性もあるし、何より窓ぎわのカビがものすごいことになります。

学生の一人暮らしの時、カーテンレールに吊るして干していたらカーテンの裏側がカビだらけになり、それはそれは後悔しました・・・(身体にも悪かったと思います)

突っ張り棒タイプも使用したことがありますが、押し付けていた部分の壁が圧で凹んでしまい困った経験があるので、ちょっとこわいです。

鴨居を上手に活用するものだと、こういうものがありました。

あまりたくさんの洗濯物を干すことができないですが、バスタオルハンガーを組み合わせたりすればどうにかしのげそうです。

あとは、お風呂場を活用するという方法があります。

湿気をとるために残った水気は綺麗にふきとってくださいね。

脱衣所から扇風機で風を送ってあげるようにし、除湿機も動かせればバッチリです。

雨の日の洗濯物対策 まとめ

いかがでしたでしょうか?

雨の日の洗濯物、「ベランダと部屋干しどっちがいいのか?」から室内干しで早く乾かす方法、室内干しのスペース対策までお話しました。

まとめるとこちらになります。

  • 雨の日は湿気の多いベランダより室内干しが早く乾く
  • 室内干しを早く乾かすには、除湿機と扇風機(サーキュレーター)を活用
  • 除湿機の代わりにエアコンドライ機能も使える(外気温による)
  • 室内干しのスペース確保に、折りたたみ式軽量スタンドや鴨居を使ったフックもおすすめ

「早く乾かす術」さえわかっていれば、雨の日のお洗濯もこわくありません。

使えるものは上手に活用して、お天気に左右されずに効率よく家事を進めてくださいね!

ランドリー
臭くなった洗濯物のニオイを消し去る方法と部屋干し洗濯11のコツ 干してある洗濯物に近づくと、ツンとした臭いがする 乾いた時はクサくなかったのに、汗をかいたらまた臭う・・・ ...

最後まで読んでいただきありがとうございました。