ライフ・イベント

パート事務の面接って服装はスーツ?志望動機の質問はどう答える?

履歴書

事務職で働いた経験はあるけど、パートの面接は初めて。

しかもブランクがあったりすると、こんなこと迷ったり心配になったりしますよね?

  • パート事務の面接って何着たらいいの?
  • パートの時って志望動機を聞かれたらなんて答える?
  • パートの面接って他にどんな質問されるんだろう?

でも大丈夫。しっかり事前準備しておけば、安心して面接にのぞめますよ!

事務パート面接の服装 スーツが安心

「新入社員でもないし、そんなに堅苦しくなくていいかな?」

そう考えてしまいがちですが、やっぱりスーツが一番無難、間違いなしです!

ガチガチのリクルートスーツである必要はないですが、黒かネイビーのスーツに襟付きのシャツ、ストッキングに黒のパンプスであれば安心です。

面接の時はやっぱり第一印象が一番。面接官はこんな風に思っています。

「この人、基本的な常識を持った人かな?」

「真面目に働いてくれるかな?」

初対面の面接では服装も大きな判断材料になりますし、そこはパートであろうと正社員であろうと変わりありません。

もし他に面接を受ける人がいた時に、みんながきちんとしたスーツなのに自分だけがカジュアルな格好だったらどうでしょう?それだけで萎縮してしまいません?

面接で少しでも好印象を持ってもらうためにも、服装でマイナスポイントをもらっちゃわないようにしましょう。

久しぶりにクローゼットから出した時は、サイズが小さくなっていないか、ボタンがとれたりしていないか一度着用して確認してみてくださいね。

「でもちゃんとしたスーツ持ってないし、面接用に買わなきゃだめかな?」という時。

落ち着いた色のジャケットに襟付きのシャツ、それに合わせたタイトスカートかパンツなど「清潔感のあるきれいめ」の恰好なら問題ありません。

でも今はちょっと探せば、わりと品質のいいスーツもお手頃な値段で手に入ります。

入社後にスーツ着用が必要になる機会もあるでしょうし、通勤時に上下別々に着まわすこともできますので、余裕があるなら1着揃えておくと役立ちますよ!

事務のパート面接 志望動機を聞かれたら?

正直「志望動機」って、聞かれて一番答えにくい質問ですよね?

パートで勤めたいと思うとき、その職場を希望するのは「条件」や「お金」であることが多いのではないでしょうか?

ちょっとストレート過ぎて、どう伝えればいいのか悩みますよね。

正社員だったら会社の業務内容まで深く調べた上で「どうしても御社で」という熱意を伝えることも必要ですが、事務パートの面接ではそこまでは求められていないと思われます。

相手が求めているのは「この会社に就職することをどれだけ前向きに真面目に考えているか、長く勤める気があるのか」ということ。

「条件がよかったから」「お金が欲しいから」という理由は、面接する側もある程度理解しているはずです。

そこにプラスアルファ「前向きで真摯な気持ち」を盛り込んだ理由にしましょう。

「お金が欲しい」だったらこんな風に言い方を変えてみます。

「これからいろいろお金がかかることが増えますので、私が働きにでることで少しでも家計の足しにしたいと就職を希望しました」

「子どもの学費」や「住宅ローン」など差し支えない程度に理由も伝えれば、より具体的で説得力が増します。

条件がよかった場合は素直にそのことを伝えて問題ありません。

「募集要項にかかれていた勤務形態が私の希望する条件と合っておりまして、長く勤めさせていただけると思い応募しました」

この「長く勤めたい」という気持ちを採用側も求めているはずなので、ぜひとも面接でアピールするべきです!

事務のパート面接 多い質問は?

志望動機の他に事務系のパート面接で聞かれやすいのはこんな質問です。

  1. PCスキル
  2. 急に休みをとるようなことがないか
  3. 繁忙期の残業は可能か
  4. 職場でのコミュニケーションに不安がないか

事務系パート面接の質問 PCスキル

以前事務経験のある方なら問題ないと思いますが、PCスキルはどこの職場でも必須なので確認されることが多いです。

ただひと口にPCスキルと言っても、職場によってワード、エクセルだけでなくパワーポイントや専用のソフトを扱うこともあるかもしれません。

パート採用には即戦力を求めていますので、研修期間もじゅうぶんではないことも。

「こんなレベルまで求められていると思わなかった!」とならないように、不安な点は面接の時に確認しておいたほうが後々苦労せずにすみます。

事務系パート面接の質問 急に休みをとることがないか

今はどこの会社もギリギリの人数で動いているところが多いので、急に休まれることが何より困ることだったりします。

本当にやむを得ないときはお互い様だとして、「急に休みをとるような事情がないか」はよく聞かれる質問です。

具体的には「(小さいお子さんがいる場合)急に熱を出したりした時はどうするのか」などがあげられます。

例えば「勤務時間の間は親にみてもらえる」など「できる限り仕事に差し支えのないように考えている」という気持ちを伝えると、採用側にも安心してもらえます。

事務系パート面接の質問 残業は可能か

基本的にパートの場合は時間通りの勤務になるはずですが、月末の締めや決算など忙しい時期はどこの会社にもありますよね。

面接の時に「残業をお願いすることがあったら対応できるか」と聞かれることがあります。

問題なければそれでいいのですが、難しいと思うなら無理をせずにその気持ちを伝えましょう。

時間的に余裕がない場合は理由を伝え「事前に言っていただければできる限り対応しますが、ちょっと難しいかもしれません」と伝えておけば、採用側も一つの判断材料になります。

もし無理な残業が多い職場なら、こちらの条件にも合わないということ。

受かりたい気持ちから曖昧に返事をしてしまうより、最初に正直に伝えておいたほうがお互いに後々困りません。

事務系パート面接の質問 職場でのコミュニケーションに不安はないか

パートで入る場合、すでに人間関係のできあがったところに1人で入っていくケースも多いですよね。

採用する側も、職場の人間とうまく関係をつくって長く勤めてほしいと思っています。

具体的には「女性の多い職場ですが大丈夫ですか」「年齢が下の人間に仕事を教わることになりますが抵抗ないですか」など聞かれることがあります。

「以前の職場でも似たような環境でしたので大丈夫です」「子供のつながりで他の保護者の方とお付き合いもありましたので大丈夫です」など、「コミュニケーションに不安はないです」ということをしっかり伝えて安心してもらいましょう。

いかがでしたでしょうか?

久しぶりの面接だと本当に緊張してしまいますよね。

面接の前に、挨拶や予想される質問にどう答えるかをじっさいに声に出して練習してみるのも緊張緩和にすごく効果的ですよ。

できるだけ自然体の自分をみてもらえるように、準備を整えて面接にのぞんでくださいね!