ライフ・イベント

家事を楽にするアイディア すぐに実践できる時短テクニック!

休憩タイム

朝起きてから寝るまで、ずっと家事に追われてる気がする・・・

ふと、そう感じる瞬間ってありますよね!

朝ごはんを作ることから始まり、掃除に洗濯、夕飯の買い出し。

「疲れてちょっと一息」なんて思っていると、すぐに夕飯の準備の時間になってしまいます。

自分ではめいっぱい動いているつもりなのに「主婦はゆっくりできていいよね~」なんて言われてしまうのも辛いところです。

「もしかして私って要領悪い・・・!?」

家事を少しでも楽にするために、料理、洗濯、掃除の時短テクニックについてご紹介します!

家事を楽にするアイディア 料理の時短テクニック

まずは、家事の中で1番時間をとられがちな料理の時短テクニックから。

料理を手早く済ませる大切なポイントは「下準備と手順」!

  • 野菜は多めに切っておき、残りは小分けにして保存しておく
  • 必要な調味料は手元に用意(合わせの時は先に混ぜておく)
  • 材料を洗う、切る、火を通す、などの工程はまとめて
  • お湯をわかしたり、煮る時間が必要なものから先に調理

私も今でこそマシになりましたが、主婦になりたての頃は「何時間かけるの!?」って自分でもツッコミたくなるくらい時間をかけていました。

初心者がやりがちなミスは、料理を1品ずつ作ってしまうこと。

料理をする中で、材料を切るという作業は必ず出てきますよね。

味噌汁を作るために材料を切ってお味噌をつくり、次に野菜炒めを作るために材料を切って野菜炒めをつくり・・・。

1品にとりかかるためにいちいち材料を切って作るのでは、手間も時間もかかってしまいます。

料理を手早く進めるには、一つ一つの工程をできるだけまとめて行いましょう。

お手本は料理番組!

料理番組だと、火を通す時間を別にしても、たった5分で3品くらいの料理を作ってしまいますよね。

あんなに手際良く料理ができるのは、野菜などの材料も、使う調味料もすべて近くにセットされているから。

合わせ調味料もあらかじめ分量をはかって混ぜておけば、味付けの段階で慌てることもありません。

「料理番組」の中には時短テクニックのヒントがたくさんありますので、みる機会があったらぜひ「下準備と手順」に注目してみてください。

そして料理中に出る、汚れたお鍋やフライパン、ボウル・・・

「後片付けまでが料理」ってよく言いますよね。

こちらは、料理中のタイミングをみてササッと洗ってしまいましょう。

時間がなければ、お湯やお水で油やソースなどの汚れをザッと流しておくつけておくだけでもOK!

ご飯を食べる段階で一度シンクの中をキレイにしておけば、後片付けもスムーズにとりかかれて時間短縮につながります。

どれもちょっとしたことですが、実際にやってみるとグッと料理時間を短縮できますよ!

家事を楽にするアイディア 洗濯の時短テクニック

次に、これも毎日しないといけない洗濯。

洗濯は洗って、干して、畳んで・・・と工程が多いのでとてもめんどくさいですよね。

洗濯を手早く終わらすための工夫がこちらです!

  • タイマーの活用
  • 洗濯カゴには「すぐ干せるほうにして」入れる
  • 乾燥機と部屋干しの併用
  • ハンガー収納

洗濯物は夜寝る前にネットに入れるなどの仕分けをすませ、洗濯機に入れたらタイマーセットしておきます。

朝は何かとバタバタしますよね~。これらの作業を夜すませておくだけでも時間と気持ちに余裕が生まれます。

決めた時間に洗濯が終わるように設定しておけば、すぐ「干す」作業にとりかかれますよね。

そして、洗濯機からカゴに移すときもひと工夫。

からまった衣類を分けて、「すぐ干せるように」軽く整えてからカゴに入れておきます。

一見「二度手間じゃない??」って感じですよね?

でもこの作業ひとつで干す時間がグッと短縮できるんですよ~。

以前は、からまったまんまカゴに入れてたんですけどね、ひっぱりだすのも大変だし、衣類は傷むし、床に落としてイライラするし・・・・。

この方法なら、カゴからそのままハンガーにかけるだけ!パパッとすんじゃいますよ!

タオルは乾燥機使用、衣類を「部屋干し」にしています。

理由は3つ。

  • 単純に「干す」ものの数が減る
  • タオルが臭くならない(2度洗いを防げる)
  • 部屋干しすることで、「とりこむ」作業がいらない

タオルってなかなか乾かないし、雑菌がわいて臭くなりやすいですよね。

枚数も多いから、一枚一枚しっかり伸ばして干すのもめんどくさい・・・

思い切って乾燥機を使ってみたら、お天気にも左右されず、いつでもいい香りがしてフカフカ!

以前は下着や日焼けしやすい衣類を部屋干し、残りを外干し・・・とか分けていたんですが、全て部屋干しに変えました。

夏の暑い日に紫外線を気にしながら干す必要もないし、夕方慌ててとりこまなくてもいいし、部屋干しって本当に楽!

除湿機と扇風機を併用すれば、あっという間に乾いてしまいます。

そして「片づける」作業も、部屋干しだと時短になるんですよ~。

畳んで運んでタンスやクローゼットにしまうとなると手間がかかるし面倒ですよね?

衣類はハンガー(無印を使用)そのままで、クローゼットにかけるだけ。

楽だし、たたみじわもできないし、サッと着ることができます。

下着やくつ下の小物類は、収納ケースを同じ部屋に置いておくことで「運ぶ」手間を解決。

クルクルっとまるめて、そばにあるカゴの中に「ポイっ」で終わりです!

家事を楽にするアイディア 掃除の時短テクニック

最後はお掃除。

リビングにお風呂にトイレ・・・・綺麗にしておこうと思うとキリがありませんよね!

お掃除の時短アイディアはこちら。

  • 「使うついで」のお掃除
  • 一日一か所だけ「ちょっと丁寧に」お掃除
  • お掃除用具の置き場所を工夫

お掃除を手早く終わらせるコツは、一度にまとめて取り掛かろうとしないこと。

ちょこちょこ「使ったついでに」掃除をすることです。

お湯をわかしたついでにコンロを拭く、歯磨きのついでに洗面台を磨いておく、髪を乾かしたついでに床の髪の毛やホコリをとりのぞき、朝ごはんがすんだら床の食べこぼしをお掃除・・・。

汚れがこびりついてしまうと、後で落とす時に余分な時間がかかってしまいます。

使ったついで、立ち寄ったついでにササッとお掃除しておくことで、汚れが溜まるのを防ぐことができますよね。

お風呂も、最後にシャワーで飛び散った石鹸かすを流しておくだけも汚れがつきにくいですし、「60度のお湯シャワー」をかければカビ対策にもなります!

そして「ついでお掃除」の大切なポイントは、お掃除グッズを常に近くに置いておくこと。

ふきんやスポンジ、小さなブラシなどはすぐ手にとれる位置にセットしておきましょう。

おしゃれでかわいいグッズも多いので、お部屋のインテリアに合わせて好きなものを選んでおくと、お掃除のテンションもあがりますよね!

水まわりやリビングなど毎日汚れる部分はこうして「ついで掃除」にし、「毎日じゃなくでもいいよね?」っていうスペースは、週に1回、曜日を決めてローテーションを組んでおくのがおススメです。

玄関は月曜日、和室は火曜日、寝室は水曜日・・・というようにある程度決めておけば、毎日「あれもこれもやらなきゃ!」と時間に追われることもなくなりますよね。

綺麗なお部屋は確かに気持ちがいいのですが、あまり気にしすぎても大変。

日常の流れの中にちょっとしたお掃除を組み込むことで、意識して行うよりもずっと時間を短縮することができますよ!

家事を楽にするアイディア まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、主婦の毎日の仕事である家事の時短アイディアについてお話しました。

毎日のことならストレスなくやりたいですよね。

Bluetoothで好きな音楽やラジオを聴きながら、「この曲の間にすませちゃおう~」なんていうのも楽しいです。

料理も洗濯もお掃除も、手間だと思うことや、めんどくさいなぁ~と思うことを工夫して省いていくと、家事もはかどるものです。

毎日忙しい中、ちょっとでもゆっくりできる時間を作るためにも、今日ご紹介した家事の時短アイディアをぜひ活用してみてくださいね!

ランドリー
臭くなった洗濯物のニオイを消し去る方法と部屋干し洗濯11のコツ 干してある洗濯物に近づくと、ツンとした臭いがする 乾いた時はクサくなかったのに、汗をかいたらまた臭う・・・ ...