身体・メンタル

二日酔い対策は飲む前の食べ物と飲み方。治し方も知ったらもう安心!

炭酸水

「今日は飲むぞ!」

そう思っても二日酔いが怖くてあんまり飲めない、楽しめない・・・

なんて人多いのではないでしょうか?

私も若い頃は二日酔いがとても酷く、楽しさと雰囲気でつい飲みすぎちゃった次の日には丸一日寝込むほどの経験も・・・

せっかくの楽しい飲み会、二日酔いが怖くて飲めないともったいない気分になってしまいますよね。

そんな二日酔いになりやすい人のために、今回はこちらの3つをご紹介します。

  • 二日酔い対策 飲む前にとっておきたい食べ物、飲み物
  • 二日酔いにならないための飲み方
  • それでも二日酔いになってしまった時の治し方

二日酔い対策 飲む前にとっておきたい食べ物・飲み物

二日酔いにならないためには、「飲む前から対策をとっておくこと」が大切です。

身体に吸収されるアルコールの量や速さを調整するには、飲んでしまってからでは遅すぎるからです。

まず注意すべきこと。お酒はすきっ腹で飲んではいけません!

お腹の中が空っぽの状態だと、他に身体にとりこむ栄養分がないのでアルコールの濃度が高い状態で一気に吸収されてしまいます。

その分早く酔っ払ってしまいますし、次の日も二日酔いになりやすくなってしまいます。

空腹で飲み会に直行するのはやめて、お酒を飲む前に何かお腹に入れてから飲むようにしましょう。

じゃあ、どんな食べ物をとっておけばいいのでしょうか?

二日酔い防止におすすめの食べ物は、唐揚げなど、油分が多いものです。

脂っこいものがいいなんて、ちょっと意外ですよね?

ヨーロッパでは、お酒を飲むまえにわざわざオリーブオイルをスプーンに1杯飲んでおくなんて習慣もあるそうです。

ロシアでも、サワークリームやバターを直前に食べているとか!

油物を食べておくとアルコールの吸収を少なくすることが出来るので、二日酔いになりにくい効果があるのです。

「飲み会前に食べておく時間なかったよ!」という時、テーブルにドレッシングのかかったサラダが並んでいたら、そちらを最初に食べておくのもおすすめです。

飲んでいる最中もナッツなどのおつまみをつまむようにして、常に胃に何かが入っている状態でお酒を飲むように意識してみてださいね。

定番ですが、ウコンを飲んでおくのも効果的です。

あらかじめサプリを用意しておくのもいいですし、飲み会前にちょっとコンビニに立ち寄って、ウコンドリンクを買ってもいいですよね。

おすすめの飲み方は、お酒を飲む前とお酒を飲んだ後、ダブルで飲んでおくことです。

はっきりと根拠はないのですが、お酒を飲む前と飲んでからの2回ウコンを飲んでおくと、次の日のスッキリ具合にかなり差がでるのです。

本当に楽なので、気になる方はぜひ試してみてください!

二日酔い対策 飲み方に注意する

二日酔いを予防するにはお酒だけを飲み続けるのではなく、合間合間にノンアルコールの飲み物を飲むようにします。

身体の中のアルコール濃度を下げるためにも、お酒ばかりを飲み続けるのではなく、お水でもお茶でも、ノンアルコールの飲み物を身体に入れるようにしましょう。

お酒を飲んでいると頭が痛くなってくる時がありませんか?

この頭痛の原因、実は脱水症状なのです。

お酒を飲んでいるので水分をとっているような気になってしまいますが、お酒では水分補給はできていません!

おまけにビールなどは利尿作用が強いので、トイレに行くたびに身体から水分が出ていってしまいます。

そのため、お酒だけを飲み続けると脱水症状になり、アルコール濃度も高くなって頭痛がしてきてしまうのです。

このお酒を飲んでいる最中の頭痛を防ぐためにも、水分補給にノンアルコールの飲み物を飲むのはとっても大切。

飲むペースも抑えられますので、ピッチが速くなりそうな時にもぜひお試しになってくださいね。

二日酔い対策 二日酔いになった時の治し方

ちゃんと予防はしたのに、やっぱり二日酔いになってる・・・

ちょっと飲み過ぎてしまったかもしれませんね?

そんな時に二日酔いの症状を楽にする食べ物は、しじみの味噌汁です。

温かいお味噌汁って、飲むとほっとしますよね。

さらに、しじみに入っているオルニチンという成分が肝臓の働きを助けてくれる効果があるので、二日酔いのときにはぴったりなんですね。

次に、おすすめなのがバナナです。

バナナは消化にいいだけでなく、アルコールを飲んで失われたカリウムがたくさん含まれているので二日酔いに効果的なんです。

二日酔いになっている時には、とにかく水分をたくさん摂るようにしてください。

尿として身体から外に出して体内のアルコール濃度を薄めるためにも、たくさん水分をとることが大切なんです。

この時、お水でももちろんいいのですが、それより効果があるのが次の3つの飲み物。

  • トマトジュース
  • 炭酸飲料
  • スポーツ飲料

トマトジュースにはアルコールの代謝を促進させる効果があり、炭酸飲料は、炭酸の爽快感で吐き気や胃の不快感を解消してくれます。

スポーツ飲料は脱水症状を解消するための成分がたくさん含まれているので、脱水状態になりがちな時の水分補給に最適なのです。

炭酸飲料に、レモンやしょうがの汁を少し入れて飲むのも胃腸がサッパリとしておススメ。

どれもコンビニで簡単に手に入るものなので、飲み会が終わったあとに翌朝に備えて買っておけば安心ですよね!

そして二日酔いになった時に私が行うのが、熱めのシャワーを浴びること。

グルグル目がまわっている最中には危ないのでおススメできませんが、起き上がれるようになって「まだ少し気持ち悪い・・・」という時に、熱いシャワーを打たせ湯のように首すじに当てるようにしています。

数分その状態でいると、身体全体があたたまってお酒もスッキリ身体から抜けきるような気がします。

身も心もサッパリと気分転換にもなりますので、ぜひお試しになってみてください。

アロマが好きな方には、グレープフルーツの精油(100%天然のもの)が二日酔いにはおススメです。

気分を上げてくれる効果もありますので、二日酔いのウツウツした時に使うと元気が出ますよ!

二日酔い対策 飲む前から飲んだ後まで まとめ

今回は、二日酔いにならないの飲む前の対策や予防法、それでも二日酔いになってしまったときの対処法についてご紹介しました。

みんなでワイワイお酒を飲む雰囲気は好きなのに、翌日の二日酔いがこわくて思いっきり飲めず、もの足りない思いをしてる人も多いですよね?

まずは、自分の「飲める量」を知って飲み過ぎないことが一番!

そして「備えあれば憂いなし」で、飲む前からしっかりと対策をとっておくこと。

最後に、なってしまったときの対処法までわかっていれば安心ですよね。

その日の体調にもよるので完璧に予防するのは難しい二日酔いですが、できる限りの対策をとって、楽しく飲み会に参加してくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。