ライフ・イベント

生ゴミの臭い対策はこれ!暑い日のクサ~い腐敗臭を防ぐための方法

キッチン

気温が上がってくると気になりますよね、いや~な生ゴミの臭い・・・。

回収日にちゃんと出していても、ゴミの処理が不十分だとドブのような腐敗臭が発生してしまうことも。

「生ごみ臭いなし!」の快適な空間を保つためのちょっとしたコツをご紹介します。

生ゴミの臭い対策 生ゴミは水切りが重要

生ごみは三角コーナーに放置せずに、その日のうちに必ず処理してしまいましょう。

水分をずっしり含んだ生ゴミには、すぐに雑菌がわいてしまいます。

完全に水分をなくすのは難しいですが、できるだけ水気を切った状態でゴミ袋に入れることが必要です。

普通の底のあるタイプの三角コーナーを使っている場合には、袋の口をしばったら両手でギュ~ッと押しつぶし、たまっている水分を外に押し出しましょう。

このとき袋がやぶけないように注意です!

キムチ鍋の日などは三角コーナーが真っ赤に染まってしぼった手もドロドロになりますが、そこはひるまないで頑張りましょう。

「手についた臭いが落ちないわ~」という時には、ステンレスソープがひとつあると本当に便利です。

魚を触った時の生臭さもサッパリとれます↓

生ゴミの臭い対策 三角コーナーに入れるごみを減らす

三角コーナーにたまったゴミは、上からも下からも水がかかって余計にずっしり重くなってしまいます。

お皿を洗った後、パンパンにたまった三角コーナーを見るとなんだか気が重くなりません?(私だけ?)

料理中に出た野菜の皮やくずは三角コーナーに入れずに、別の袋にポイッと投げ込んでおきましょう。余計な水分を含んでいないので臭いが発生しづらくなります。

三角コーナーに入れるゴミも減りますので、最後に処理する手間も少なくてすみます。

袋を引っかけておくだけのこんなグッズも。使わない時はペットボトルの乾燥にも使えるので便利ですよね!

生ゴミの臭い対策 ビニール袋と新聞紙でダブル処理

水気を切った生ごみは一度ビニール袋に入れてから新聞紙でくるみ、最後にまたビニール袋に。

新聞紙は臭いを吸収してくれますし、目隠しの役割もしてくれますのでゴミ出しの時に安心ですよね。

ビニール袋はスーパーでもらう小分けの袋をできるだけ再利用すれば節約にもなります。

「水切り頑張ったけど、ドロドロしたお汁が残ってしまった」という時。

お鍋の時なんかはこんな風になりやすいですよね・・・。

その時はジップロックが便利です。ジッパーをきっちりしめれば水もれもしませんし、臭いも気になりません。

冷凍処理なんかに一度使ったものを再利用すれば、節約にもなりますよね。

こうやって処理したゴミの袋を45リットルサイズの蓋付きポリバケツに入れています。

ニオイ取りに底にも新聞紙をひいて、ゴミを出した後はゴミ箱の中を除菌アルコールでササッと拭いておけば臭い移りも気になりません。

生ゴミの臭い対策 生ゴミに重層をふりかける

以前、生ゴミ用の臭い消しスプレーを使ってみたことがあります。

ゴミ箱の内側に貼り付けるタイプもありますよね。

でも生ゴミの臭いが消えたのはほんの一時のように感じました。逆に「臭いで臭いを消す」ような強い香りだったので、ゴミ箱の蓋をあける度に気持ち悪くなってしまって・・・。

ですので車の芳香剤が苦手な人には、スプレーや貼り付けタイプもあまりおすすめしません。

そこで、やっぱり頼りになるのが「重層」です。

水気を切ったゴミの上から直接ふりかけるだけ!手間もかからないし、100円ショップで購入できるのでコスパもよいです。

肝心の臭い対策の効果もそれなりにあります。でも一度腐敗臭を発生させてしまうと、そう簡単には臭いは消えません。

「臭いがまだ発生しないうちにふりかけておく」ことがポイントです。

重層は水気を吸ってくれる働きがあるので、それだけでも臭い対策になりますよ!

*重層だけでなく、クエン酸やオスバン液を薄めたものも生ゴミの臭いに効果があるようです。

気温が上がってきたら試してみようと思います。

生ゴミの臭い対策 腐敗臭の出やすいものは別に処理

こんな食材にゴミが出たときは、きっちり処理していても腐敗臭が発生していまいます。

  • ニンニク、ニラなどのネギ類
  • 魚や肉

これらの生ゴミは、ゴミ袋に入れずに別の処理をしておくことで腐敗臭の発生を防ぎます。

生ゴミの腐敗臭対策 ニオイの強い食材は冷凍庫を使う

ニオイが強く出そうなものだけならそんなに量も多くないので冷凍庫を使います。

魚の頭や内臓、お肉の脂身など食べられない部分が出たら、すぐにキッチンペーパーに包んでビニール袋に入れ、冷凍庫の隅に入れておきます。

ニンニクなどのネギ類、パクチーなどの香草類のときも同様です。

冷凍庫もスペースがないのでそう多くは入れられませんが、臭いを発生させないためには結局「冷凍」が一番なので、この方法を使っています。

冷凍庫に入れてあるのをうっかり忘れてしまいがちなので、途中から「冷凍庫ごみあり!!」のメモをゴミ箱に貼るようになりました・・・。

生ゴミの腐敗臭対策 ごみ処理機を使う

双方の親が県外に住んでいるので、帰省の都合でマンションを留守にすることも多く、ゴミ収集日に生ごみがどうしても出せない、なんてことが度々あったんですね。

冬はいいんですが、夏場に生ゴミを出せないのは本当に困る・・・。

冷凍庫に無理やりスペースをつくって生ごみを入れたりしていたのですが、結局ごみ処理機を購入しました。

これが本当~に便利で「もっと早く買えばよかった!」と何度も思いました。

島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機 「パリパリキューブ ライト」

ごみ処理機コンパクトでかわいいデザインなので、キッチンの隅に置いても邪魔になりません。

生ゴミの水分を温風でひたすら乾燥させるタイプなので時間はかかります。

夜ごはんの後、生ゴミをセットしてスイッチを入れると、ウィ~ンと小さなモーター音がして6時間~8時間くらい?頑張ってくれてます。

口コミなんかだと乾燥している時の臭いを指摘する人もいるのですが、その日のゴミをすぐ処理する分にはまったく気になりませんでした。

お魚を入れたらほんの~り焼き魚の香りがするくらいでしょうか(笑)

朝起きるとゴミは乾燥してドライフルーツのように干からびています。

そのまま新聞紙にあけて包むと、本当に「パリパリ」音がするんですよ!ちょっと楽しいです。

こちらのごみ処理機の一番好きなところは、内部をキレイに洗えるところなんです。

ごみ処理機

こうやって中は普通にプラのコーナーが入っているだけなので、ゴミを出したらすべて洗うことができて清潔に保てるんですね。

時間がかかることもあってそう頻繁には使いませんが、このパリパリキューブが1台あるだけで生ゴミの心配がグッと減りました。

価格も20,000円弱とお手頃で、しかも自治体から補助も出ましたので負担も少なくすみました。

*お住まいの自治体によって変わってきますので、購入の際はご確認ください。

留守が多いご家庭には本当におすすめです。

 

生ゴミの臭い対策、いかがでしたでしょうか?

ゴミを出さないのが一番なのですが、なかなか難しいですよね。

気温の上がってくる季節、少しでも参考になれば嬉しいです。

  最後まで読んでいただきありがとうございました