セルフメンテナンス

車酔いを早く治す方法ある?吐き気を解消して楽しいドライブ続けたい!

せっかくのドライブや、車での遠出。

車に酔ってしまうと、楽しい気持ちも半減ですよね!

けれど、車に酔いやすい人は酔いたくなくても酔ってしまうもの・・・

酔い止めを飲んだり、なるべく酔いやすい山道などを避けたり・・・

「気をつけていたのに、やっぱり車酔いした・・・。気持ち悪い!」

そんな時のために、即効で車酔いを治す方法をご紹介させて頂きます。

車酔いを治す 飲み物や食べ物

車酔いにコーラ チョコレート

車に酔ってしまった時、気持ち悪さを治してくれる飲み物があります。

それは、なんとコーラです!

これ意外ですよね!

「わたしも最初は、コーラ?」と思って半信半疑だったのですが、調べてみると実際にコーラを飲んで車酔いの症状が即効で軽減された!という人がたくさんいるのです。

では、なぜコーラが車酔いの症状に効くのでしょうか?

その理由はコーラの2つの働きにあります。

1つは、コーラに含まれている炭酸。

車酔いは、空腹の時になりやすいと言われています。

炭酸飲料って飲むとお腹がいっぱいになったように感じますよね?

コーラの炭酸で適度に満腹感を与えることで、車酔いによる気持ち悪さをおさえてくれるのです。

他にも動きの鈍った胃腸の働きを整えてくれる効果や、炭酸に含まれているアルカリ成分が自立神経のバランスを整えてくれるという効果も。

飲んだ時のサッパリした口当たりが、気分の悪さをスッキリ解消してくれるのかもしれませんね!

もう一つ、コーラに含まれている糖分も車酔いを治すのに有効な成分です。

車に乗ると、カーブの度に身体が左右に振られたりスピードの加減によって前後に揺れたりを繰り返しますよね?

こうやって身体が不規則に揺らされ続けることで、目から入る情報と脳に伝わる情報の間に「ズレ」が起こります。

すると、耳の奥にある三半規管というバランスを保つ働きが正常に行えなくなって、めまいや車酔いを引き起こしてしまうのです。

コーラに入った糖分が脳を活性化させることで、調整能力が乱れた三半規管にも影響を与えて車酔いの解消につながる、というメカニズムがあるんですね!

ですので、車酔いの時にはチョコレートや飴玉などにも同じような効果があると言われています。

またコーラに含まれた少量のカフェインも、車酔いを抑える効果があるそうです。

実際に万人に効果があるのか本当のところはわかりませんが、この「炭酸と糖分の相乗効果がコーラを飲んだ時に一番発揮されやすい」ということで、「車酔いにはコーラ!」と都市伝説のように伝わったのではないでしょうか。

コーラ以外にも炭酸と糖分が含まれている飲み物はたくさんあって、同様の効果が得られると言われています。

ただし、オレンジやグレープフルーツなど柑橘系のものは、胃に過度な刺激を与えて車酔いを悪化させる可能性があるので注意してくださいね。

車酔いには梅干し

車酔いで気持ち悪い時、「梅干しを食べる!」という方法もあります。

梅干しを食べるとすっぱくて、唾液がたくさん出ますよね。

先程、車酔いには耳の奥の三半規管が深く関係しているとお伝えしました。

梅干しを食べて唾液がたくさん出すことで、この三半規管の調子を調えてくれるのです。

車酔いで乱れてしまった三半規管を調えることで、車酔いによる気持ち悪い吐き気を軽減させてくれる効果があるんですね!

さらに、梅干しには胃のむかつきをおさえてくれる働きも。

ただし、梅干しは刺激が強いので量を食べ過ぎてしまうと逆に胃を荒らしてしまって逆効果に。

様子をみながら少しづつ食べるようにしてくださいね!

他にも、たくさん唾液が出るガムでも同じような効果が期待できます。

こちらも元々の味の好みや体質によって違いがあるので、どれが自分に一番効果があるのか試してみると今後の予防策にもつながりますね!

車酔いを治す 車酔いに効くツボ内観(ないかん)

次に、車酔いを治す方法としてツボを刺激するという方法があります。

車酔いには内関(ないかん)という手のひら側の手首のシワから指3本分の場所にあるツボが効果があるといわれています。

こちらのツボを押すことで、くるった平衡感覚を戻してくれるという働きがあるんですね。

「気持ち悪いな~!」と思ったら、この内関(ないかん)を押すようにすると気持ち悪さが和らぎますよ!

内関は、車酔い以外にもつわりの症状にも効果があると言われていますので、覚えておくといろんな場面で役立ってくれるツボです。

車酔いを治す方法 まとめ

今回は、車酔いになってしまった時にできるだけ早く症状を軽減してくれる飲み物や食べ物、ツボのご紹介をしました。

  • コーラなど糖分の入った炭酸飲料を飲む
  • 糖分の入ったチョコレートや飴玉を食べる
  • 梅干しを食べる
  • 手首になる内関(ないかん)というツボを押す

車に酔いやすい体質の人だと、せっかくの楽しいドライブの計画も「酔わないかな?大丈夫かな?」と心配になってしまいますよね。

気持ち悪い吐き気を感じたら、まずは車を停めてもらって外に出るか、窓を開けて換気をし、外の空気を吸うようにしてください。

そして、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

また、車酔いはこんな時になりやすいと言われています。

  • お腹が空きすぎたり、逆に満腹の状態
  • 疲れやストレスがたまっている状態
  • 苦しい衣服を着ている状態

長時間車に乗る予定があるときは、こんなところにも気をつけて出かけてみてください。

気分が悪くなっても「他の人が楽しんでいるのになかなか言い出せない・・」なんて人も、そこは無理をせず、すぐに伝えるようにしてくださいね。

早く対策をとればその分早く気持ち悪さもおさまります。

どうか我慢せずにすぐに同乗者の方に伝えて、気分が良くなったらまた楽しいドライブを続けてくださいね!