ライフ・イベント

デコレーションケーキ生クリームの固さとナッペのコツ 回転台の代用品は?

生クリームケーキ

クリスマスやお誕生日のケーキ!

お店のケーキもいいですが、自分で作るケーキも楽しくてアレンジもできて良いですよね!

でも、生クリームって塗るのが難しくて苦労してませんか?

スポンジに塗った時、スポンジがボゾボソして、せっかく塗った生クリームがはげてしまった・・・なんて経験ありますよね。

「お店の様に綺麗に塗るなんて無理~」と思ったら大間違いですよー

自宅でも綺麗に塗る方法があるんです!!

コツをつかめば簡単にできるので、これからご紹介する方法を試してみてくださいね。

デコレーションケーキ ナッペ用生クリームの最適なかたさ

ナッペ用生クリームは、なにより固さが重要!

ナッペが上手くできずにボソボソになってしまうときは、生クリームを泡立て過ぎている可能性があります。

ナッペに適した固さにするには、7分立てに仕上げてください。

【生クリームのかたさの見分けかた】

◆6分立て

泡立て器ですくうと、すくうことができず、さらさらとボウルに流れ落ちていく。

ボウルに落ちた生クリームは、落ちた跡がすぐに消えます。

◆7分立て ←ナッペはこちら!

角が完全に立たず、泡立て器ですくうと、もったりとして、ボウルに流れ落ちた生クリームが積もって、ゆっくり消えていく。

◆8分立て

泡立て器ですくうと、しっかりとしてボウルに流れ落ちていきません。

角がたって、おじぎするようにゆっくり曲がって先端が下を向きます。

理想の生クリームにするための、泡立て時のコツをご紹介します。

ボウルを氷水につけて泡立てる。

これは、絶対にやりましょう!

生クリームは熱に弱いので、温かくなると分離してボソボソになってしまいます。

なるべく、生クリームが8℃以下をキープできるように室温などにも気を使ってくださいね。

続いて泡立て方です。

7分立てにするには、一気に一度で仕上げようとせずに、まずハンドミキサーや泡立て器で6分立て程度まで泡立てます。

その後、泡立て器でボウル全体を優しく混ぜて、7分立てになるようにします。

だいたい2分ほどでとろみがつきはじめますので、そのタイミングでグラニュー糖を入れてから4〜5分ほどです。

固くなりすぎた場合は、生クリームを少し追加しましょう。

デコレーションケーキ ナッペのコツ

クリームを綺麗に塗るのに必須なのは、パレットナイフと回転台です。

曲がっているものではなく、フラットのものを選んでくださいね。

製菓用品店以外の100円ショップなどに売っているもので大丈夫ですよ!

ナッペの前の下準備として大切なコツが、スポンジにシロップをかけること。

シロップをかけないと、スポンジが生クリームの水分を吸ってしまい、ボソボソになってしまいます。

ちょっとひと手間かかりますが、仕上がりに断然差が出ますので忘れないで行ってくださいね!

それではここからが実際のナッペのコツになります。

パレットナイフは、ケーキと水平に持たない

パレットナイフは進行方向に開くように、少し斜めにして使います。

パレットに余分なクリームがついたら、ボウルの縁につけて落としましょう。

生クリームを下塗りと本塗りに分ける

まずは、全体に薄くクリームを下塗りしましょう。

スポンジ生地が見えてても、大丈夫です!

その後少し冷蔵庫で冷やしてクリームを落ち着け貸せると、次の本塗りが楽にできますよ。

生クリームを下へ流すように塗る

クリームを生地の上にたっぷりとのせて、パレットナイフでクリームを側面に落とすように塗りましょう。

側面にクリームが流れ落ちるように、たっぷりとのせてくださいね!

パレットナイフは動かさない

パレットナイフは一定の位置において、回転台だけを動かしましょう。

クリームの表面が綺麗に滑らかになりますよ。

はみ出したクリームをボウルに戻す

上面を塗った時も側面を塗った時も、生クリームがはみ出しますよね。

はみ出したクリームはそっとすくいとってボウルに戻し、こまめにパレットナイフのクリームをキッチンペーパーや布巾で拭くと、表面に余計な生クリームがつかずに綺麗に塗れますよ。

デコレーションケーキの回転台がない時の代用品は?

回転台の代わりのものとして、私がおすすめするのは「お鍋」です!

フタ付きの鍋なら皆さんの自宅にもありますよね?

鍋にフタを逆さまに置いて、回転台の代わりにしてクリームを塗るんです。

私は回転台を購入するまでは、よくこの方法でケーキ作りをしていましたよ~

他にも「ボウル」とお皿を使う方法も。

ボウルの上に大きめのお皿を置いて、回転台の代わりにするんです。

回転台のようにくるくる回せるので、ナッペしやすいですよ!

他には大きさの違うお皿を2枚用意するだけでも回転台の代用に。

ケーキがのるギリギリの大きさのお皿と、それよりも大きなお皿が必要です。

大きいお皿を逆さまに置いて、その上に小さめのお皿を置き、回転台のように小さいお皿をまわしながらナッペします。

デコレーションケーキ生クリームのかたさやナッペのコツまとめ

生クリームは7分立てにして、泡立てる時もナッペする時も、室温に気をつけながら行いましょう。

下準備に生地にシロップを塗っておくこともお忘れなく。

回転台はケーキ作りに便利ですが、なければできないというわけではありません。

お鍋やボウルなど自宅にあるもので代用できるので、ぜひ一度試してみてくださいね。