ブログのこと

ブログ初心者のメンタル 100記事書くまで挫折しない考え方5つ

パソコンの写真
  ブログ開設から5ヵ月が経過しました

まずは100記事書くことを目標にしていて、今は40記事を超えたところ。

ここではブログ初心者のメンタルについて書いています。

リアルタイムで書いておかないと後々忘れそうだし、ブログ初心者としての生の感情は今しか味わえませんよね!

目的は次の3つです。

  1. モチベーションアップのため
  2. 自分のための記録として
  3. まさに挫折しちゃいそうなブログ初心者の人向けて

ブログ初心者の「100記事の壁」

会社だったら入社1年間は「新人」って言いますよね。

ブログの世界ではいつまでが初心者になるのでしょう?

「ブログ初心者はまず100記事かけ!」とたくさんのブロガーさんがアドバイスしてるのをみると、100記事未満は初心者と言っていいのでしょうか。

書き始めてほんと実感したんですが、100記事への道のりは遠いですね~。

時間はかかるし、かけてるわりに満足するような記事は書けないし、成果は一向に出ないし、他の人のブログを読めば落ち込むし。

それでも今はまだ「ブログ初心者」。

うまく記事がかけなくても、ひと記事どんなに時間がかかっても「まだ初心者だから仕方ないよね」と言い訳している自分がいます。

思うような結果が出なくても、「まだこれからだよね?」と希望を捨てていない自分も。

それが甘えなのか、そのくらいのほうがメンタルにいいのかは、よくわからないんですが。

私の今のペースは1記事あたり3.5日。

100記事に到達するにはおおよそ1年として、あと残り半年です。

半年後には「ブログ初心者だから」の言い訳もできなくなります。

「もっといい記事書けるようになりたいな〜」というのはもちろん、なにかしらの結果を出して初心者の域を出ていたいものです。

ブログ初心者がアナリティクスに振り回される

「グーグルアナリティクス」はブログを始めてすぐに導入しました。

最初の頃は、リアルタイム画面がなにを意味するかもわかっていません。

自分で記事をプレビューした時に白い棒が立つので、「なんか反応してる」・・・くらいに思ってました。

そのうち、「これってこの瞬間に記事を読んでくれてるってこと??」と分かった時の喜び!感動!

リアルタイムに現れる棒の動きと、1や2の数字(3以上の数字はほとんど見たことがない)を、ひまさえあればチェックして眺めていました。

画面が反応するその度に

「あ!来てくれた!」

「なんの記事?なんの記事??」

スクリーンセーバーが作動して消えてしまうと、急いでマウスを動かします。

急がなくても、そんな数秒でアクセス上がってるわけないって!!

・・・・・。・・・・・。

人間ってただでさえ動くものに反応しちゃうのに、それが自分のブログへの生の反応だと思ったら・・・。

まるで育成ゲームにハマってしまったような、そんな感覚です。

一度だけ、アクセスがいつもの3倍くらいになった時がありました。

それも、アップしてからまったく読まれたことのなかった記事に。

「えっ??どういうこと??」と思っていたのですが、謎がとけました。

ちょうどスーパームーンが話題になっていた時期。

「新月の願い事」について書いた記事の中に「スーパームーン」の記述がほんの少しだけ入っていたのです。

月とネコ
新月の願い事 書き方のコツは?効果はある?満月の日との関係は?月にまつわる話が好きで、ついつい興味深く聞いてしまいます。 「スーパームーン」があれだけ話題になるのも、人は昔から月をみることが好...

ちょうどアスセスがゆるやか〜に右肩上がりになっていた時期だったので、そのままグーンと伸びていくものだと信じて数日浮かれていました。

「記事も増えてきたし、こうやって伸びていくんだ~。嬉しい~!」

・・・・それ、勘違いでした。

スーパームーン効果が終わると一気に失速。

以前よりむしろアクセスが減った状態に。

夢をみた後の現実はよりしんどい。

メンタルが一気に沈みこみました・・・

それからはまた、PC、外出先ではスマホ、暇があればリアルタイムアクセスをチェックする毎日。

こんなに一喜一憂していたら、そりゃあメンタル消耗しますよね。

そんなことで消耗するくらいなら、記事を更新するとか、下準備をするとか、やることたくさんあるでしょうよ!

完全に振り回されていました。

「初心者はアナリティクスを見ちゃいけない」

 

これ本当、これが一番だと思います。

・・・・でも、やっぱり見ちゃいます。気になります。

こう考えることにしました。

星の数ほどある記事の中で、掲載順位もまだまだ低いこのブログに目を通しに来てくれた。

数字でとらえちゃうと、数の大きさだけが気になる。

でもそこには人がいてくれるのだし、来てくれたことをただ感謝すればいい。

その人達をがっかりさせないような記事を書く努力をすればいい。

 

そう思ったら、少し気持ちが落ち着きました。

 

ブログ初心者が焦る時

  • 早く結果を出したい
  • 手応えがないとモチベーションが続かない
  • 見返りがほしい
  • 人に置いていかれる気がする
  • 自分以外のすべての人が成果をあげている気がする
  • 反応がないものに向きあうことがつらい

こんな感じでしょうか・・・。

これってブログを書くことよりも、他の人と自分を比べたり、先の結果に目を向けすぎるからこうなるんですよね。

最初は「もっといい記事を書けるようになりたい」が始まりでした。

なにか参考になることはないかと、成果の上がっている優秀な人のブログばかり読むようになって。

そこに高くて分厚い壁を感じちゃうからますます落ち込む・・・と。

始めた頃はもっといろんな想いがありました。

新しい知識が増えていくし、毎日できることが増えていって、本当に楽しかった。

そんな気持ちもいつのまにかどこかに行ってしまいました。

でも、初心者だから。

できなくて当り前だから!!

できてる人はすごい人だから、わざわざ比べなくていいから!

そう思ったほうが、メンタルにもブログのためにもいいですよね。

ブログ初心者が書けない理由

これ、似たようなことありませんか?

中途半端な完璧主義

中学生の頃、「ノート作成」に凝るタイプでした。

綺麗な色のマーカーで線を引き、矢印に凝ったり、表をつくったり。

細かいことが気になる性質で、ちょっと気に入らない仕上がりになるとページを破いてまた一から書き直す、という悪いクセがありました。

昔のノートって真ん中を糸や針金?で閉じてあったから、ページを片方破くと、当然もう片方もぺらぺらっと外れますよね。

結局2ページ分書き直さなきゃいけないし、ノートはだんだん薄くなっていくし。

テスト勉強しているはずなのに、「もうなにをしているのかわからない」状態です。

ブログもそう。

ちょっと過去記事で気になることがあると、「ここも、あれも、あそこも気になる」みたいな感じで延々と細かい修正を続けてしまう。

いい記事にするためのリライトならいいのですが、やっていることは本質から外れた単なる「重箱のすみをつつく」ような作業。

完全に自己満足の世界なんです。

夢中になって時間を忘れ、ハッと我に返って「なにやってるんだか・・・」です。

数十年たっても、そういうところ変わらないです。

「完璧」なんてどこにも存在しないし、追及したらキリないよ~。

方向まちがってるよ~。

 

自分にそう言い聞かせたいです。

自信がなくて記事を完成できない

「『この人に言われたくない』と思われたらどうしよう。」

「こんなしょーもないこと書いてもな・・・」

「あれ?この書き方って愚痴っぽい??」

せっかく書き始めた記事も、こんなふうに思うと手が止まってしまう。

全部、自信のなさから起こる気持ちですよね。

書く本人が自信を持って書けない記事を、一体誰が読んでくれるのでしょう?

自信がなかったら、自信が持てるまで調べればいい。

「しょーもない」って誰が決めたの?

「愚痴」は「悩み」とつながっている。きちんと書けば同じように悩む人に伝わる。

伝えたいと思ったことを伝える。伝わるように書く。

 そういうシンプルな気持ちを忘れずにいたいです。

書くことに慣れていない

あたりまえなんですが、経験が浅いので「書く」ことにすごく気力・体力を使います。

マラソン初心者がいきなり何キロも走れないように、ブログ初心者もちょっと書くと息切れして立ち止まってしまう。

アスリートがトレーニングを積み重ねるように、書いて、書いて、書いていくしか強くなる方法はないだろうと思います。

100記事に到達するころには、心臓(テーマ)が強くなり、骨(構成)も丈夫に折れることなく、支える筋力(文章力)もついて、さらに遠くまで走れるようになっているはずです。

「息切れしても焦らずに、ひと記事づつ書いていこうよ」と言いたいです。

わかりやすいブログを追及するために

アウトプットが上手くなるために

ブログ初心者|100記事書くまでのメンタル強化まとめ

アナリティクス(数字の増減)に振り回されない

1は単なる1じゃない。わざわざ読みにきてくれた大切な人。

来てくれた人をがっかりさせない記事を書くことだけ考える。

すごい人達と自分を比べない

比べても成長はないし、メンタルにもブログにもいい影響はない。

自己満足に過ぎない完璧は求めない

必要なのはそこじゃないしキリがない。

追及するなら「完璧」じゃなくて「わかりやすさ」。

自信がないことを書けない言い訳にしない

伝えたいことを伝わるように書く。その努力をする。

疲れるのはまだ慣れていないだけ

気力、体力をつけるためには、とにかく書いて書いて、書いていく。

ただし、焦らない。無理をしない。

 

ブログ初心者、5ヵ月目のメンタルとその対応策でした。

誰に押し付けられたわけでもない、自分で始めて、自分が好きで書いているブログです。

こんな気持ちになるのも、ブログが好きでもっといいものにしたいと願っているから。

 気持ちを切り替えて、また今日から書いていきます