ライフ・イベント

お中元、お歳暮のお礼状を手早く書くコツ。文例の探し方や美文字に

手紙と文字

毎年、お中元、お歳暮の時期になると思います。

お礼状億劫。 字が上手くなりたい・・・

年賀状にお礼状、メールの時代になってもやっぱり字を書くことがなくなるわけではありません。
年賀状は、数年前に宛名書きを印刷にしてからものすごーく気が楽になりました。

あわよくばお礼状も・・・と思った私ですが、却下されました。

お礼状、ハガキでいいから手書きでよろしく!

手書きがベストなのはわかっているのですが、
普段ならそう気にならない自分の文字のクセも、お礼状となると急にアレコレ気になり出して手が止まってしまいます。

そこで、お礼状を手早くキレイに書くコツを考えました!

お礼状を手早く綺麗に書くためのポイント

  1. 文章は事前にしっかり準備しておく
  2. ペンは自分の一番書きやすいものを準備
  3. はがきに案内線をひく
  4. 調子のいい時、余力のある時は数枚書いておく

文章は事前にしっかり準備しておく

書こうとする内容のお手本を、書き出しから締めまで一語一句準備しておきます。
書いている途中でアレンジを入れようとすると大抵失敗するので、ハガキサイズに印刷したものを左にセットして書くようにしています。

ちなみにお歳暮のお礼状の時、主に私が使用している文面はこちらです↓
定型文をアレンジしてWordに入力したものを毛筆書体で印刷しています。

「丁寧にかくこと」「余白をとること」がついおろそかになりがちなので、目に入りやすいように赤字で書いています。
改めてみるとたったこれだけの文字数なのですが・・・、スラスラかけません。

 

*お中元のお礼状「どう書いたらいい?」と迷ったらこちらが参考になります↓

【文例有り】お中元お礼状の書き方とマナー|書式のダウンロードと書き方は書式の王様

お歳暮お礼状の書き方は?ビジネス/個人別にマナーと文例を紹介

 

「なかなか気に入る文例ないな~」という時には検索窓に「お中元(お歳暮)お礼状 文例」と打ち込んで、画像検索してください。

ズラ~ッとお礼状ハガキの画像が並びますので、そこから気になる文例をひろってくださいね!

ペンは自分の書きやすいものを準備

今までにいろいろなペンを使いましたが、今はこちらに落ち着いています。

PILOT「kakuno」、インクはブルーブラックを使っています↓

以前はゲルインクボールペンを使っていたのですが、一度こちらを使ってみたらあまりに書きやすくて驚きました。万年筆なのでペン先がしっかり紙面に引っかかり、筆圧も調整できます。

文字にメリハリが出ました!

「たまにしか使わないし」とお財布に優しいものを選んだのですが、これは本当に正解でした。

1年に2度(お中元とお歳暮の時期)しか使わないので、しばらく放置するとペン先が固まってインクが出てこない時があります。
ペン先を少しお湯につけると出るようになります。

ハガキに案内線を書く

縦書きって曲がっちゃいます・・・ 

最初は1枚づつ定規で印をつけていたのですが、あまりに面倒で効率も悪いのでこういうものを作りました↓

ここにハガキをのせて定規を枠線に合わせ・・・↓

シャープペンシルでうっすらと案内線をひきます

これで一枚一枚、印をつけなくても簡単に案内線がひけます。

だからどうした?って言わないでください。地味~に楽なんですよ

文章を書く前に数枚まとめて線を引いておけば、手を止めなくてすみます。

書き出して調子が乗ってきた時は、一気に書いてしまいたいですよね!

私は念のため、一日インクを乾かして翌日に案内線を消しています。

線が残ってしまうといけないので、明るいところでしっかりチェックが必要です。

調子のいい時に数枚まとめて書いておく

特に文面を変える必要のない時は、時間のある時や調子のいい時に数枚まとめて書いてしまいます。
どうしてもうまく書けない日と、なんとなく「今日は上手く書ける?」という日があるんですよね。
ストックがあると、宛名だけ書いて出すことができるので気が楽になります。

 

美文字はいいお手本から 通信講座もおすすめ

お礼状を書いていて毎回必ず思うことは「字もっと上手かったらな~」ということ。

普段の文字書きならそんなに気にならなくても、こういったかしこまった縦書き文章ってまっすぐ書けないし、文字の形もくずれるし、なかなかうまく書けませんよね?

どうすれば美文字になれるのか?

それにはやっぱり「お手本」が大切。

この「すらすら筆ペン練習帳」西村翠晃(日貿出版社)は、3年前くらいに購入したものです。
何冊か書店で開いた中で、文字の形や雰囲気が一番好きでした。
筆ペン用ですが、ペン字の時も縦書きの時の字のくずし方や送り方がとても参考になります。

そして美文字への道といえば、やはり通信講座の存在を忘れてはいけませんよね!

よく名前をきく講座をあげてみました。

実は高校生の頃、「日ペンのボールペン習字」に挑戦したことがあります。

当時読んでいた漫画の裏には、必ず「日ペンの美子ちゃん」が載っていましたから!
(昔はペンフレンド募集などのページもあったのです。)

テキストの雰囲気や課題を練習していたことは覚えているのですが、なぜか提出物を出した記憶がありません。

  本当に三日坊主ですよね・・・

大人になって、このように嫌でも文字を書かなければならない状況になり、
その度に「字が上手くなりたい・・・」と思いながらミッションをやり終え、
「喉元過ぎれば・・・」ということを繰り返しているのです。

通信講座はきちんと続ければきっと効果があると思うのですが、数が多すぎてどこの講座を選んでいいのかわかりませんよね。

そこで、文字に悩む方、もっと上達したい方にぜひご紹介したいサイトがあります!

管理人「うたさん」が運営されている「ペン字いんすとーる」です!

うたさんの実体験を通した各講座の特徴、おすすめポイントなどがわかりやすくまとめられています。

なにより、うたさんの文字が本当に美しい!

読んでいるだけで、自分まで美文字になったような錯覚すら覚えます。

通信講座のことだけでなく、美しい文字になるためのアレコレが書かれていて
とても参考になります。

美文字になりたい方、ぜひご覧になってください!

美しい文字をみると清々しい気持ちになりますね!

もし自分の文字が上手くなったら、きっと書くことがもっと楽しくなると思います。

お礼状の季節になる度に憂鬱になっていましたが、この記事を書いていてなんだか前向きな気持ちになりました。
お礼状、今年はいつもより時間をとって、丁寧に書きたいなと思っています。

通信講座は続ける意思が大切ですよね!

三日坊主のクセを最近どうにか克服?した記事はこちらです↓

三日坊主を克服する方法は?毎日続けるための3つのステップ。 通信講座など資格の勉強が続かない ダイエット、運動など決めたことが続かない やり始めるまでに時間がかかる ...