ブログのこと

ads.txt ファイルが含まれていないと表示された時の対策【初心者に簡単!】

今朝、アドセンス画面を開いて思わずフリーズしてしまいました。

すみません、小さくて見えないですよね・・・

こう書いてあります。

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

エラーもそうですが、ど素人がワードプレスを始めちゃったので、こういうの本当~に嫌なんですよね・・・。

なにか大変なことが起きたのかと、心臓までバクバクしてしまいます。

同じようにエラーが出て焦ってしまった方・・・ご安心ください!

知識のない私でもちゃんと対策がとれましたので、初心者の方でもわかる方法をご紹介します。

ads.txt ファイルが含まれていないと表示された時の対策

アドセンスのヘルプ画面でads.txt対策を確認

まず、注意書きの横にある「ヘルプ」表示を開いてみました。

文章が翻訳なのでややこしくなっていますが、どうやら「アドセンス広告による正式な販売者としての認定をちゃんとしてくださいね!」ということらしいです。

正規販売店のライセンス・・・、みたいなものでしょうか?(ですよね?)

「アドセンス申請、審査、設定の時にこういうのはきちんと完了していないの?」という素朴な疑問は残るのと、「これまで開設してから半年、なぜこの段階で出たの?」という疑問もあります。

でも、「収益に影響が出ないよう」と言われてしまうと怖いですよね!

弱小ブログなので収益なんてないんですが・・・

とりあえず「テキストファイルを作ってアップロードする」ということは理解できたものの、知識ゼロの私にはとてつもなく怖い作業に思えました。

ads.txt ファイルを作成してアップロードした人のサイトを探す

他に同じような方がいないか探してみました。

「ads.txt ファイルが含まれていない」で検索すると・・・、はい出てきました。

順番に開いてみましたがみなさんこういった対応には慣れていらっしゃるようで、説明を読んでもやっぱりいまひとつわからない。

適当な理解で想像の世界で作業しちゃって、あとで後悔はしたくないし・・・。

さらに探していくと・・・ありました!

パソコン音痴の私にも理解できるように、丁寧に説明してくれているサイトが!

ありがとうございます!

こちらのサイトを参考に・・・というか、作業の一つ一つを確認させていただきながら進めていきました。

私はXサーバーを使用しているので、そちらを使ってアップロードしています。

Xサーバーじゃない方は、もう一つの方法がワニログさんのサイトに詳しく載っていますので、お手数ですがそちらをご覧ください。

ads.txt ファイルを作成してXサーバーでアップロード

私のわかりにくい説明よりも、ワニログさんのサイトをみていただいたほうがはるかに作業が進むかとも思いますが・・・一応頑張りましたということで、こちらにも手順を載せておきます。

ads.txt ファイルを作成

まず、新しいテキストファイルをつくります。

◆デスクトップの画面どこでもいいので、右クリックしてください。

下のようなボックスが出ますので、①「新規作成」→②「テキストドキュメント」を選んでください↓

◆「新しいテキストドキュメント」の名前を変更します↓

「新しいテキストドキュメント」の上で右クリックするとボックスが開きますので、「名前の変更」を選び、「ads」に変更します↓

名前を変更したら、この「ads」のファイルを開いてください。

中身は何も入っていないので、真っ白ですよね。

◆ここに、アドセンスヘルプ画面にあるグリーンの文字で書かれた1行の文面をコピーして貼り付けてください。

小さいのでこちらに(グリーンの文字部分です)↓

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

◆この赤い部分を、ご自分の「アドセンスID」に書き直します。

「アドセンスID」は、アドセンス画面左側の「アカウント」→「アカウント情報」で確認できます。

「サイト運営者ID pub-○○○○○○○○○○○○○○○○(16桁の数字)」

こんな感じ↓に貼り付けできたら「ads.txt 」ファイルは完成です!

保存場所を忘れないように、デスクトップかどこかわかりやすいところに置いておきましょう。

作成した「ads.txt ファイル」をXサーバーでアップロード

Xサーバーを使っている方は、こちらのほうが簡単にアップロードできます。

◆Xサーバーの「ファイルマネージャー」にログインします。

◆ファイルをアップロードするサイト(問題になっているサイト)ドメインを見つけてクリック↓

◆次の画面で「public html」を探してクリック↓

◆右側にある「ファイル」を選択をクリックして、先程作成したデスクトップかどこかに保存しておいた「ads.txtファイル」を選んでください。

「アップロード」したら完了!!です。

無事に完了できたでしょうか?

ドメイン上に ads.txt ファイルを設定すると、Google のクローラは次のように動作します。

24 時間ごとにファイルのクロールを試行します。

ファイルの内容を解析して、その広告枠から収益を得る権限を持つ販売者の ID を特定します。

アップロードして3時間程経ちますが、まだ表示は消えていません。

もしかして何か関係あるかもしれないと、グーグルコンソールから「URL検査」をしてみましたが、表示は消えませんでした。

上記のように24時間ごとにクロールがあるらしいので、ちょっとドキドキしますがしばらく待ちたいと思います。

無事に表示が消えましたら、また追記しておきますね!

2019年6月4日16:15 追記

先程確認したら「要注意 ads.txt ファイルが含まれていない〜」のメッセージが消えていました!!!

こちらの記事に書いた対応策をとってから、6時間くらいで消えたようです。

対応が正しかったと証明できましたので、安心して作業を進めてくださいね。

*参考にさせていただいたワニログさん、本当にありがとうございました!

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました